南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

バリ島でウバー(Uber)を使ってみよう

最近話題のオンライン配車アプリ。
特に、世界的に拡大しているのがウバー(Uber)です。
バリ島でも、ウバーの利用が広がっており、海外からの旅行者や在住者がかなり利用しているようです。

今回はこのウバーの使い方について説明します。

なお、以前以下の記事を投稿しましたが、登録方法、利用方法がアップデートされ変わってきていますので、現時点(2017年5月28日現在)での最新情報を投稿します。

 

umauma.hatenablog.jp

 

<目次>

 

ウバーって何?

ウバー(Uber)は、スマホなどで車両の配車依頼ができるアプリです。

もともとは、カーシェア(登録した会員同士で自動車を共同使用するシステム)としてスタートしましたが、現在はどちらかというと安価なタクシーとして利用されていることが多いです。
日本でも一部地域で利用されていますし、いろいろ話題にもなっていますので、ご存知の方も多いと思います。

バリ島では、タクシーに変わるトランスポートシステムとして爆発的に拡大しています。
拡大の理由は

  • タクシーや既存のトランスポートに比べかなり安い
  • ドライバーのプロフィールや評価が事前にわかるので安心
  • 概略料金も事前にわかるのでぼったくりがない

などがあげられます。

 

アプリのダウンロード&登録

 まずは、ウバーのアプリをダウンロードします。
アンドロイドならGoogle Play、i-Phoneならアップルストアからダウンロードしてください。
どちらも「Uber」で検索すればすぐに見つかります。

  f:id:monbuu01:20170528203339j:plain

 

ダウンロードできたら、まずは登録です。
アプリを立ち上げて

f:id:monbuu01:20170528094153j:plain

「携帯電話番号を入力してください」をタップすると電話番号入力画面になります。

 

f:id:monbuu01:20170528094150j:plain

このスクリーンショットでは、インドネシアの国番号(+62)となっていますが、日本で立ち上げれば日本の国番号(+81)になります。
そのあとに、自分の携帯番号を入力します。

 

f:id:monbuu01:20170528205654j:plain

入力した番号の形態にシステムから自動的にSMSが届きます。
SMSに書かれた4桁の番号を入力します。
SMSが受信できるようにしておきましょう。

 

f:id:monbuu01:20170528094147j:plain

4桁のコードが正しく入力されたら、名前を入力します。

バリ島など海外で使うのでしたら、英字での登録の方がいいですよ。

 

f:id:monbuu01:20170528094115j:plain

名前と電話番号がOKなら「保存する」をタップしますが、ついでにメールアドレスも設定しておきましょう。
メールアドレスは最初に仮のアドレスが入っていますので、ちゃんと自分のメールアドレスを入れましょう。
ウバー利用後の領収書などが、そのアドレスに届きますので、適当なアドレスではだめですよ。

これで、まずはアプリの登録ができました

 

クレジットカードを登録

ウバーの利用代金は現金払いですが、クレジットカード支払いもできます。
カード支払いの方が、お釣りなどの手間もいりませんし、カードのポイントもたまりますので、おススメです。

 

では、クレジットカードの登録方法を説明します。

f:id:monbuu01:20170528094112j:plain

アプリを立ち上げると、ログイン(サイインイン)していればこのような画面になります。

画面の左上にある三本線をタップします。

 

 

f:id:monbuu01:20170528094109j:plain

このようなメニュー画面が出ますので「お支払い」をタップします。

 

 

f:id:monbuu01:20170528094106j:plain

このようなお支払い画面がでますので、「お支払い方法を追加する」をタップします。

 

 

f:id:monbuu01:20170528094103j:plain

「クレジットカードまたはデビットカード」をタップします。

 

 

f:id:monbuu01:20170528094024j:plain

パスワード設定画面になりますので、パスワードを決めます。
6文字以上の英数字で、パスワードを好きに決めてください。

 

f:id:monbuu01:20170528094021j:plain

パスワードが設定できたら、クレジットカード情報を入力します。

これで、クレジットカードでの支払いが可能になります。

 

プロモーションコードを入力してちょっとお得に利用

さて、さっそく使い方の説明ですが、その前にお得なプロモーションの説明をします。
初めてウバーを使われる方は、ご利用前にプロモーションコードを入力しておくと、Rp25,000の割引が3回受けられます。

そのコードの入力方法を説明します。
f:id:monbuu01:20170528094112j:plain

ウバーの初期画面、左上の三本線をタップしてメニューを開きます。

 

 

f:id:monbuu01:20170528094018j:plain

「お支払い」をタップします。

 

f:id:monbuu01:20170528094106j:plain

お支払い画面が開くので、「プロモーション・コード/ギフト・コードを追加」をタップします。

 

f:id:monbuu01:20170528094015j:plain

プロモーションコード入力画面が開きますので、ここにプロモーションコード「ubermonbuu」を入力します。

 

f:id:monbuu01:20170528094011j:plain

これで、3回までRp25,000の割引が受けられます。

ちなみに、ubermonbuuのコードを使用していただくと、私も同じ割引プロモーションが受けられるようになります。
大変、うれしいので、どしどし利用してください。

なお、このプロモーションコードの入力は、必ずバリ島に到着してから行ってください。
もし、日本にいる間に入力すると、バリ島では割引が受けられなくなるそうです。

 

 実際にウバーを使ってみた

では、実際にウバーを使うときの操作方法をご案内します

 

 

f:id:monbuu01:20170528212333j:plain

ウバーのアプリを立ち上げると、このような地図画面が表示されます。

真ん中の青い丸が今自分のいる場所です。
周りの車のアイコンがウバーカーの位置です。
クタエリアならこのように、常に複数台のウバーカーがうろうろしています。
ウブドは昼間でも2~3台程度しかいません・・・)

画面上の「行き先は?」と書かれた窓に、行先を入力します。
行先の施設を入力すると、何点か候補が出てくるので、その中から行先を選びます。
もし、希望する行先が出てこなかったら、入力する言葉を変えてみましょう。

 

行先を指定すると、以下の画面になります。

f:id:monbuu01:20170528212855j:plain

「現在の位置」の文字をタップすると、ピックアップ場所を変えることができます。
現在位置の精密な地図が出ますので、地図の位置をずらして希望するピックアップ場所を設定増しましょう。

ピックアップ場所から目的地までのおおよその経路、そして概略の金額も出ます。
これでOKなら「UBERXを依頼する」のボタンをタップします。

 

システムが自動的に、ドライバーを選定し、ドライバーが決まったら

f:id:monbuu01:20170528202159j:plain

ドライバーが決まったら、現在の車の位置が地図上に表示されます。
また、ドライバーの顔写真、車種、ナンバーも表示されます。

車の位置は、刻々と変化しますので、近づいてきたらナンバーや車種で車を探し、合図を送ってあげましょう。

無事、車と合流できたら、乗り込んで目的地へGO!です。

目的地に着いたら、料金を支払い車を降ります。

カード払いの場合は、その場で支払う必要がないので、目的地に着いたらお礼を言って、降車します。

 

後ほど、システムから今回の料金内訳がメールできます。
また、ドライバーの評価依頼もきますので、ドライバーの評価をしてあげましょう。

 

以上でウバーの登録の仕方と使い方の説明を終わります。
すごく、便利で安いシステムですので、ガンガンつかいましょう~

 

注意事項

ウバーは、安くて便利なシステムなので、旅行者や在住者がガンガン使っています。
また、それに伴い、ウバーのドライバーもガンガン増えています。

そうなると、面白くないのは既存のタクシードライバーやトランスポーターたちです。
彼らも、切磋琢磨してレベルを上げてくれればいいのですが、「邪魔者は排除する」という考えのもと、ウバードライバーとの摩擦がおこっています。

ウブドサヌールに行くと「ウバー、グラブタクシー、ゴージェック立ち入り禁止」の看板を見かけることがあると思います。

このような場所でウバーがお客さんをピックアップすると、タクシードライバーたちが嫌がらせをします。

摩擦地帯での利用は控えるようにしましょう。
また、そのような場所でのピックアップ要請が入ると、ドライバーから「そこはピックアップできないから○○まで来てくれ」という連絡が入ります。

 

それと、ピックアップ場所がわからない、あるいは、そこに行ったけどいなかった、といった場合、電話やメールで「今どこにいるの?」という連絡が入ります。
たいていは英語で来ますので、ちゃんと回答できるようにしておきましょう。

 

バリ島のウバーのドライバーは英語なら多少はできますが日本語ができる人はいません。
もし、あなたが英語もインドネシア語も自信がないのなら、ウバーの利用は避けておいた方が賢明だと思います。
タクシードライバーも日本語はできないと思っておいた方がいいでしょう。
言葉に自信がない方は、日本語ガイドのいるカーチャーターをご利用ください