読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

バリ島デンパサール空港からの徒歩脱出方法と公共バス(トランス・サルバギタ)利用方法

バリ島に一度でも来たことがる方ならわかると思いますが、バリ島の空港(デンパサール空港、別名ングラライ空港)から街への移動方法がとても制限されています。

 

通常、旅行者が使う方法は

  1. ホテルや旅行会社などの送迎サービス
  2. カーチャーター
  3. エアポートタクシー
  4. 友人に迎えに来てもらう

といった方法になりますが、4の友人に来てもらう以外は結構高いのです。

エアポートタクシーで、クタ中心部までRp100,000、サヌールヌサドゥアまでRp200,000、ウブドまでRp400,000なんて、びっくりするような料金になります。

メータータクシーを使いたいところですが、協定(というか、利権の独占)により、限られたタクシー会社しか空港内に立ち入り事ができません。空港を出れば、旅行者が大好きなブルーバードタクシーなどメータータクシーが拾えますが、空港から徒歩で出る方法がちゃんと案内されていません。

 

初めてバリ島に来られる方や、パックツアーの方、そこそこお金が使える方なら、まぁしょうがないとなりますが、貧乏旅行(またの名をバックパッカー)の皆さんはとてもじゃないけどこんなのにお金を使うことができません。

 

ってことで、今回は安くお得に空港から脱出する方法を教えちゃいます。

 

徒歩で空港から出る方法

最初に徒歩で空港から出る方法です。パッと見には、車の流れる方向に歩いていけば、料金所ゲートを通って外に出られると思われますが、これが結構距離があるのです。

で、最短距離で空港から出る方法を教えます。

 

1.税関を抜けてミーティングポイントへ

f:id:monbuu01:20160221135754j:plain

税関を抜けて外に出るとミーティングポイントです。柵の向こうにホテルのドライバー、旅行会社のガイド、頼んでおいたカーチャーターなどが、名前の書かれたボードをもってお客さんを探しています。
しかし、外に出るには邪魔な柵があります。柵に添って左手に歩いていきましょう。

f:id:monbuu01:20160221135823j:plain

柵の左手にはエアポートタクシーのカウンターがあります。エアポートタクシーを使う方はこちらで行先を告げ、料金を支払います。安心の前払い制です(チップを強請られるかもしれませんが)。お金を払ったら、ドライバーと一緒に駐車場に行き、車に乗り込んでホテルへGO!です。

このカウンターの左側を抜けて、外に出ていきます。ちなみに、外に出る通路にはいろんなショップが並び、なんか買え!というプレッシャーを感じます。

 

2.バリ島様式の門を探そう

f:id:monbuu01:20160221135942j:plain

先ほどガイドさんたちがいたミーティングポイントの向こう側に、インフォメーションカウンターがあり、さらにその向こう側には写真のようなバリ島様式の門があります。

大変目立つ門ですので、ここで迷子になることはないと思いますが、とにかく、空港出口からまっすぐに行ったところにある門です。

この門が自由への第一歩です

 

3.門をくぐってまっすぐに歩こう

f:id:monbuu01:20160221140025j:plain

門をくぐった先は駐車場になっています。

そして、嫌でも目に付く看板がありますが、これは次の項目で説明します。

とにかく、門をくぐったらまっすぐ歩いていきます。

 

4.駐車場を抜けていけば自由への道が開ける

f:id:monbuu01:20160221140109j:plain

門の先の駐車場もまっすぐに抜けていきます。

道路が何本かありますが、車に注意して、とにかくまっすぐに歩いていきましょう。

そうすると、敷地の内外を分けるフェンスにぶつかります。フェンスを乗り越えると警備員に怒られますから、フェンス沿いに左に歩いていきます。約100m歩くと外にでるゲートがあります。

ゲートの近くにはタクシーやオジェック(バイクトランスポート)がたむろしていますからすぐにわかります。このゲートから外に出ればそこは自由な世界。メータータクシーでも、オジェックですUBERでも、徒歩でも何でも使って移動しましょう

 

公共バス・サルバギータ(トランスサルバギタ)を使ってみよう

バリ島には昔からベモという乗り合いタクシーがバス代わりにありましたが、汚い、遅い、ぼったくるの3拍子揃った使いづらい乗り物です。

で、2年前から市民の足になるべく州政府が導入した公共バスがトランス・サルバギータ(Trans Sarbagita)です。ただし、ルートは少ないし空港乗り入れしていなかったので旅行者はあまり使う事がありませんでした。

そんなサルバギータが昨年より空港に乗り入れしたのです。

1.サルバギータの乗り場

f:id:monbuu01:20160221140025j:plain

先ほど説明した、ミーティングポイントの先にあるバリ島様式の門。そこをくぐるとなんか左に行けという矢印が

 

f:id:monbuu01:20160221140140j:plain

これが、公共バス・トランス・サルバギータのバス停案内板なのです

 

f:id:monbuu01:20160221140205j:plain

案内板い沿って歩いていくと、はいここがサルバギータのバスストップです。

ここで待っているとサルバギータが(いつかは)来ます

 

f:id:monbuu01:20160221142705j:plain

はい(やっと)来ました。日本の日野マークもまぶしいトランスサルバギータです。なかは綺麗でエアコン完備です。

 

2.サルバギータの路線はどうなっているんだろう

バスが来たからさっそく乗って・・・って慌てなさんなって

バスには路線ルートがあるので適当に乗るととんでもないところに連れていかれます。

現在空港に乗り入れているバスの路線は

  • ヌサドゥア行き
  • バトゥブラン行き
  • ジンバラン行き
  • ムングゥイ行き
  • タバナン行き
  • マヘンドラダタ大学行き

と6本になります。自分の目的地に最適な路線を選ばなくてはいけませんが、なんと恐ろしいことに路線図がない!!!

だから、どこ行きのバスに乗ったらいいのか、わからない!
途中のバス停には路線図が貼ってあるとドライバーは言うけど、ヌサドゥア~バトゥブランラインしかちゃんとした路線図はないらしい。あら恐ろしい!

 

3.じゃあ、どのバスに乗ったらいいんだろう?

このサルバギータは観光客向けではなく一般市民向けなのであまり観光地は通らないようです。(観光客はタクシーに乗れ!だそうです)

ただ、調べたところこんな感じで使えそうです。

ヌサドゥアのホテルに行く場合
ヌサドゥア行きに乗ってください。っていうか、ヌサドゥアのホテルに泊まる人はこんなバス使わんわな

サヌールに行く場合
バトゥブラン行きに乗りましょう。バイパスを走っていきますから、途中サヌールエリアを通ります

ウブドに行く場合
これもバトゥブラン行きに乗ります。ただし、現在はバトゥブランまでしか行きませんので、そこから先は自力で頑張ってください。

・クタ・スミニャックに行く場合
これは・・・路線がない!
バトゥブラン~ヌサドゥアラインの途中にセントラルパーキング・クタというターミナルがあります。ここがクタエリアに一番近いバス停なので、ここで下車して歩くかタクシーを捕まえましょう。

・チャングーに行く場合
チャングーやクロボカン、ウマラス方面にはまったくいかないそうです。
タバナン行きがあるからチャングーもどうか?と思ったら、山寄のルートを通るのでチャングーにはまったくいかないそうです。タバナンのバス停まで行ってタクシーで戻るか、セントラルパーキング・クタからタクシーでしょうか

 

とにかく、路線図がないんでどこ行きに乗ったらいいかさっぱりわからないのが難点です。ただ、空港バス停にはサルバギータのスタッフがいるので、どこに行くには何に乗ったらいいのか聞いてみましょう。ただ、ある程度バリ島の地理がわかっていないと、うまく聞けないと思います。
あ、インドネシア語必須ですよ

 

4.その他注意事項

とにかく待たされます。時刻表もないので、いつ来るかさっぱりわかりません。

時間に余裕がないと使えません。

あと、料金は1路線Rp3,500です。約30円。これは安いです。

あと、大きな荷物を持っていると二人分の料金を取られることがあるそうです。と言ってもRp7,000ですけどね。

 

空港から街へのルートは以上ですが、逆に空港に来るルートはどうなっているんでしょう?サルバギータのドライバーに聞いたら、各路線空港に来る便はあるんですが、全部が全部空港に立ち寄るかどうかは限らないそうです。通過するだけの便もあるので、乗車時に空港で降りれるかどうか、しっかり確認しましょう。

 

ってことで、バックパッカーのみなさん、少しはお役に立ちましたか?