読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

ウブドでUber(ウバー)を使ってみた

バリ島暮らしの豆知識

最近バリ島在住者のブログで

「ウバー使ってみた~」

ってのをよく見かけるようになりました。

 

ウバーってなに?

ウバー(Uber)というのは、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリだそうです。Wiki先生に聞いてみました。

配車といっても、タクシー会社だけではなく、システムに登録すれば一般の人も自分の車を使ってトランスポートができるシステムです。

 

最近、AirbnbとかGo-Jekとか、ライセンスを持たない一般の人がアルバイト感覚でホテルをしたりトランスポートをするシステムが増えてきたけど、Uberもそのうちの一つという事です。一般の人という事は、いわゆる「モグリ」ってことで、各エリアで様々な問題を抱えていますが、まぁ使えるものは使っちゃえってことで使ってみました。

 

ウバーの使い方

ウバーを使うには専用のアプリをダウンロードします。

ダウンロードは、アップルストアーでもGoogle Play Storeからでも探してください。

 

んで、ダウンロードしたら起動しますが、最初に名前や連絡先、そしてクレジットカード情報を登録します。実はウバーは支払いはすべてクレジットカードなんですね。

クレジットカード情報を入れるのが怖いって方は、ここであきらめてください。カード情報を入れないとまったく先に進めません。

 

んで、無事登録できたら、アプリオープン。

本当は画面のスクリーンショットなんかアップすればいいんですが、スクリーンショットが取れなかったんで文章のみでお知らせします。

 

アプリが開くと、現在位置の地図が出ます。スマホタブレットの位置情報を使っているんですね。だからウバーはPCでは使えません。

で、現在位置の周辺にいるウバー登録車が地図上に出ます。

で、画面下の車のマークを押すと、一番近い車が来た場合のおよその待ち時間と、その車に乗れる最大人数が出ます。

 

見積もり(Get Fare Estimate)をクリックすると目的地入力画面が開きます。目的地の名称(住所やホテル名など)を入力すると、およその料金が出ます

初乗り料金はRp7,000で1KmあたりRp2,200、1分当たりRp400かかります。距離と時間の合算ですね。渋滞などで時間がかかればそれだけ料金も上がります。

 

これで良ければ、依頼ボタンを押すと、車のナンバー、車種、ドライバーの名前と顔写真が出てきます。ドライバーは選べないようです。

で、車が来て乗り込んだら、目的地へ一直線!

目的地に着いたら、ありがと~って言って車を降ります。支払いはカードですから、その場でのお金のやり取りはありません。

 

使い方はいじょ~(おおざっぱですみません)

 

 

実際使ってみて・・・

さて、先日仕事の関係でサヌールまで行くことがあったので、ウバーを使ってみました。

タブレットでアプリを起動すると、現在位置が出ます。オフィスは狭い道を入ったところなので、ピックアップ場所を表通りに設定したら、ウブドエリアに2台車がいました。さっそく、目的地(サヌールガゼボホテル)にセットしたら、モンキーフォレスト前にいる車がヒット!乗車まで約10分とのこと。

配車をリクエストしたら、車両情報がすぐに出てきて、地図上の車がこちらに向かって動き出しました。

表通りで待っていたのですが、車種、ナンバーがわかっているので結構安心感があります。しかも、車が近くまで来ると警告音までなってくれるので、見逃すことはないですね。

 

で、無事車到着。ドライバーもこちらの名前などがわかっているので、ご挨拶してすぐに出発。行先も分かっているので、車内はほとんど無言・・・

タクシーにありがちな営業トークもまったくなし。

ドライバーは自分のスマホに表示されるマップを見ながら目的地に向かいます。カーナビみたい。

んで、無事目的地に到着。

費用は初回クーポン(後で説明します)を使ったのでRp11,000!!!(110,000じゃないよ、一万一千ルピアだよ!)

なんか、申し訳ないくらい安いです。

 

帰りですが、サヌールのハルディス前でアプリを開けました。さすが、南部エリア、ウブドと違い車がうじゃうじゃいます。

で、一番近い車が来ました。待ち時間3分!

ウブドまでですが、アプリのマップを見ながら迷うことなくすいすいと到着。

帰りはクーポンがなかったんですが、それでもRp90,000位!

やすい!2人で乗ればシャトルよりも安い!

チップでも渡そうかと思うくらい安いです!

 

乗った感想ですが・・・

車はきれいでクーラーもよく効いて快適です。

ドライバーは無駄話しないし、営業トークもなし(まぁ、こっちは男性なんで、あまり話したがらなかったのかも?)

料金も安いし、こりゃ便利ですね~

また、使おうと思います。

 

ただ、難点はウブドの場合車が少ない。

それに、個人営業なんで早朝や深夜、お祭りのときなどは車がいない!

常に使えるってわけではないですね~

 

 

お得に使えるよ~

さて、先ほど出てきた初回クーポン

これは、とあるコードを乗車前にウバーのアプリに入力しておくと、初回に限りRp75,000割引きになるのです。

その、とあるコードとは・・・

ubermonbuu

このコードをアプリのプロモーション入力画面に入力すると、Rp75,000割引き!

さらに、私にもRp75,000割引きチケットが来るのです。

 

みなさま、ぜひご利用を・・・

 

ウバーのこれから

実は、インドネシアにはウバーの他にもグラブタクシー(GrabTaxi)というにたようなアプリがあります。ただし、こちらはマレーシア発の現金払い方式。

 

このように、似たようなシステムもできてきて、さらに本業のタクシー会社や政府からも目を付けられてきています。

先発のGo-Jekは、インドネシア運輸大臣が禁止だ~なんて言っています(でも、まだしっかりと営業していますけどね)

いろいろな問題を含んでいるシステムですが、自己責任で使ってみてください、ってことで・・・

でも、旅行者にはちょっと敷居が高いかなぁ?