読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

ウブドでタイ料理・ワルン・サイアム

グルメ

ニュピです・・・
車の音や子供の声、まったく生活音がせず聞こえてくるのは、風の音や川の音、鶏の声・・・
はぁ・・・静かだ・・・・


でも、今回のブログはウブドのグルメ紹介です。


ウブドにもタイ料理を食べられるお店が何件もあります。
有名なのは、ARMAミュージアム内のレストラン(タイ料理専門じゃないらしいが、タイ料理も出てくるそうです)や、プンゴセカンにあるSaiam Sallyなど。
でも、そんなレストランはちょっとお高い。
気取ったレストランではなく、バンコクの路地にあるような、やっすい屋台飯を食べさせるようなタイ料理屋ができないかなぁって、思っていたら



できました!
タイ家庭料理・ワルン・サイアム(Warung Siam)
場所は、ゴータマ通り。
デヴィシタ通りから入って、北上。ビアビアを通り過ぎて、ちょっと行った右側(ビアビアと同じ側)にあります。ワルン・ローカルまで行ったら行き過ぎね





メニューはこんな感じ。
食べ物はRp30,000-Rp40,000くらい。
食べて、何か飲んでRp50,000くらいかなぁ?
タイの屋台から比べたら、ちょっと高いけど、頑張っています。


今回はパッタイをいただきました


タイの屋台につきものの、4種の調味料(唐辛子、砂糖、魚醤、すっぱいの)は置いてありませんが、お皿に唐辛子とジュル・ニピス(バリのライム)がついていて、辛さなど調整できます。


お味は、まずまずといったところ。


で、厨房のコックさんを見たら、びっくり〜
Sandat Baliのイブの友人で、よくSandat Baliに遊びに来ていたイブでした。
話を聞いたら、以前はハヌマン通りのワルン・ハヌマン(元カフェキタのオーナーが開いた小さなワルン)にいたけど、暇だったので、こっちに移ったそうです。


んで、なんでタイ料理かといいますと、このワルンのオーナーってタイ人だから。
えっと、ARMA美術館のオーナーの娘婿さんだそうです。
で、コック担当のイブはしばらくARMAのレストランでタイ料理の勉強をして、こちらのワルンでコックをしていて、いまでも時々オーナー(タイ人)の指導を受けているそうです。


なるほどねぇ・・・・


ゴータマ通りだから、白人パッカーもうろうろしていて、タイ料理なら違和感なく受け入れられると思いますね〜。
頑張って繁盛するといいですね。