読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

Toro Sushi Cafe(トロ・スシカフェ)inデヴィシタ

バリ島ウブドにも日本料理店は何店舗もあります。
プンゴセカンの影武者、プネスタナンのワルン・ソフィア、サンギンガンの萬まるなど。
どのお店も、日本人の女将や店長がしっかりと日本の味を伝えていますが、中には日本人ではない方がやっている日本料理店もあります。


以前、プリアタンに「ジュンビカフェ」というお寿司のお店がありました。
オーナーはインドネシア人で、アメリカで修行したシェフが作る巻きずしが中心でした。味は、日本の寿司と比べたら見劣りしますが、アメリカンな寿司としてなら、まずまず良かったそうです。
いつかは行こう〜って思っていたら、閉店しちゃいました。
まさに「準備」で終わってしまった寿司カフェでした。


時は流れ、今年の4月ごろに「デヴィシタ通りに寿司屋ができた」といううわさを聞きました。
行こう行こう、と思っていたのですが、なかなか行く機会がなかったのですが、とうとう本日行ってきました。


お店の名前は「Toro Sushi Cafe(トロ・スシカフェ)」


場所は、ハヌマン通りからデヴィシタ通りにはいってすぐ。
ワルンカチュウの2件となり。Kドーナッツのななめ迎えです。


こじんまりとした店内で、テーブル席と座敷席、それと小さなカウンター席があります。

あ、ちょっとぶれちゃった・・・
中央ではしゃいでいるのが、お店のオーナーのワヤンさん。
バリ島の方です。
聞いたら、アメリカのカリフォルニアの寿司屋で修行したそうです。
日本には行ったことがないそうです。トランジットで成田には行ったと言ってました。


メニューを見たら、カルフォルニアロールやメキシカンロールのほかにも鉄火丼、ちらしずし、うな丼(!)などもあり、さらに握りもありました。
さすがに、握りや、刺身を頼む勇気はないので、無難にメキシカンロールをお願いしました。



メキシカンロールは、エビのてんぷらとクリームチーズ、アボガドの巻物です。
お味ですが、てんぷらはサクサクしていました。
ご飯はうまく炊けていましたが、酢飯といった感じではありません。
日本人からすると、「寿司・・・?」って感じですが、カリフォルニアの寿司と思えば(日本の寿司とは別物と思えば)結構おいしいです。

お値段はメキシカンロールが、Rp33,000で、エステがRp7,000
合計Rp40,000にTAX10%で、Rp44,000でした。


まぁ、こんなお寿司もありかなって思います。
今度は、鉄火丼にチャレンジしてみたいと思うのでありました。