南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

バリ島は日本人観光客に飽きられたんじゃないと思う

バリ島への日本人観光客の減少。
前回のブログでも、具体的な数字を出して説明しました。
2007年をピークに、バリ島に来る日本人観光客の数が減っていますが、日本全体で見ても海外への旅行者が減っているので、バリ島だけの問題ではないと、結論付けました。


しかし、2010年から日本の海外旅行者数が増加しているにもかかわらず、バリ島への旅行者は減り続けています。
その理由として「日本人がバリ島に飽きた」と、結論付けている方もいます.


確かに飽きられたかも

バリ島の観光を見てみると

  • 寺院観光や伝統芸能の鑑賞
  • 海や渓谷などの自然観光
  • スパやマッサージなど
  • バリ島雑貨の買い物
  • グルメ

というのが主な内容だと思います。
しかし、どれもありきたりなものです。
確かに、寺院や伝統芸能はバリ島独自なものですが、一般の観光客なら一度見ればいいものです。
海も、サンゴ礁の少ないバリ島では、それほど美しいものでもありません。
スパやマッサージは安いのですが、わざわざ飛行機代をかけてまで来る必要もないです。
バリ島雑貨は、通販でも手に入りますし、もうそのブームは去ったのでしょう。


そう考えると、バリ島はすでに飽きられたと思います。
と、いうか、これらを楽しむことができる、ライバル観光地が増え、そちらのほうが安くて近いので、バリ島のお客さんがそちらに流れて行っていると、考えるのが自然でしょう。

バリ島旅行はエネルギーを使う

バリ島だけではないのですが、アジアを旅行するのは結構エネルギーを使います。


ひとつは自然環境。蒸し暑く、太陽光線も強烈なアジアの国々では、何もしなくても体力を使います。
飛行機での移動も、疲れます。
体力的エネルギーを結構使うのです。


そして、精神的エネルギーもかなり消耗します。
バリ島に到着してから、精神的戦いが始まります。
入国審査での嫌がらせ、預け荷物を勝手に持っていくポーター、税関でのやり取り
タクシーの交渉、ホテルのボーイへのチップ、部屋の生活度、虫やチチャへの対応
付きまとう物売り、買い物での値段交渉
衛生面や安全への不安
などなど、多くのストレスがあります。
常に、緊張感を強いられ、精神的、肉体的にもタフでなくてはやっていけないのが、バリ島をはじめとするアジアの旅行なんです。


実際、バリ島にきて、これらのストレスを感じてしまった人は
「もう、バリ島には来たくない」
と考えるでしょう。
また、こんなストレスがあるとこを聞いた旅行者は行き先からバリ島を外すのでしょう。


「じゃあ、カーチャーターを使えばいい。ガイドさんがいるから、安心して観光ができるよ」
って、旅行会社はいいそうですね。
でも、日本人はカーチャーターは、慣れていません。緊張してしまいます。
どうしても、ガイドさんやドライバーさんに気を使って、好きな行動ができないのです。
理想は、公共交通機関などを使って、好きなところに、好きなように行くことなんですが、カーチャーターやツアーはそういうことができないのです。これも、ストレスです。

日本人のタフさがなくなったのが、原因と結論付けました

先日、20年前にウブドを旅行した人のビデオを見ました。
町は、今以上に整備されていなく、道は砂埃ばかり、奇麗なレストランも少なく、現代以上にストレスが多そうなウブドでした。
しかし、旅行者の顔は生き生きとしていました。
そう、ストレスの多い町を楽しんでいるのです。
このころの日本人旅行者は、タフだったんです。ストレスやトラブルさえも、旅行の楽しみに変えてしまう、旅人だったのです。


しかし、現代の日本人はストレスに対してすごく弱くなっています。
日常生活でのストレスが多すぎて、もうストレスに対抗するパワーが無くなっているのです。


日本人が失ったものはストレスへの抵抗力だけではありません。
コミュニケーションの力も失っています。
人と人との会話の力が、かなり弱くなっています。
海外旅行では、現地の方との会話が必要です。
買い物、食事、ホテル、タクシーなどなど・・・
しかし、コミュニケーション力が低下している日本人にとって、指示や交渉、会話を必要とするバリ島の旅行は疲れてしまうんでしょうね。


ストレスに対する抵抗力とコミュニケーション力の低下。
これが、日本人観光客を近くて便利な観光地に向かわせる原因だと思います。