読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

バリ島とハワイ

バリ島に来る日本人観光客が減少している

この理由ですが、一番の原因は2007年以降景気低迷などによる日本人の海外渡航の減少なのです。
海外渡航した人数に対するバリ島旅行者の割合は、2007年以降大きく変わっていません。
海外旅行をする日本人が減ったので、バリ島に来る日本人も減った、ということです。


しかし、2010年は、海外旅行に行く日本人の数が増えています。
その理由は、よくわからないのですが、確実に増えています。
しかし、それでもバリ島に来る日本人は減っています。


その理由は旅行に使う費用の減少にありました

海外旅行に行く人は増えているが、相変わらず景気は厳しいので、旅行に使える金額は減少している。
結果、旅行費(飛行機代)が高く、直行便が少ないバリ島は敬遠され、飛行機代も安く、直行便も多い、ハワイ、グアム、サイパン、韓国への旅行者が増えている。
ということなのです。


では、飛行機代がもっと安くなればバリ島への観光客も増えるのでしょうか?


それだけではないと思います。

バリ島とハワイを比較してみた

今日、ある方のブログで面白い記事を見つけました。
現代インドネシア事情」というブログの「バリ島とハワイ、どちらが幸せ?」という記事です。


同じ、南国の島でありながら、アメリカ合衆国に乗っ取られてしまったハワイと、オランダからの支配をのがれて、独立したバリ島どちらが、幸せなんでしょうか?
ハワイは、アメリカの傘下に入ることにより、経済的にも文化的にも発展したから、幸せだ。
そうなんでしょうか?


いろいろな評価、ご意見はあると思いますが、観光、リゾートについても違いがあると思います。


ハワイは、アメリカに支配されることにより、アメリカ資本、アメリカ指導のリゾート化を行いました。
白い砂浜、青い海、整備された道路、整然と並ぶホテル、レストラン、ブランドショップ。
コンビニエンスで、顧客の要望を満足させる、リゾートの出来上がりです。


たいしてバリ島
お世辞にも美しいとは言えない海。確かに、高級ホテルやレストランはあるが、すぐそばには昔ながらのワルンや民家が並ぶ。
「ほらね、やっぱりアメリカ指導のハワイのほうが素晴らしいよ」


これが、バリ島の人気が下がった第二の理由でしょう。


しかし、本当にハワイのようなリゾートが正解なんでしょうか?