南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

最近のウブド、暑いです

気が付けば11月も終わり。
それにしても、最近のウブド、暑いです。
9月までは「寒い、寒い」と言って、布団をかぶって寝ていたのが嘘のようです。


ご承知の通り、バリ島は熱帯性気候。雨季と乾季があります。
雨季は日本で言うところの夏、乾季は冬にあたります。
日本には四季があり、冬と夏の間には春という暖かくて過ごしやすい季節があります。
だから、日本人は冬である乾季と夏である雨季との間にある今の時期は過ごしやすいと思っています。
私も、そうでした。


しかし、これは大きな間違い!
この時期は、一年中で一番暑いのです。


日本は、冬になると太陽の力が弱くなります。それは、日本が赤道より離れているからです。しかし、赤道に近いバリ島は、一年中太陽の力が強いのです。
一年を通じて、太陽光線による気温上昇は変わらないと思います。


では、雨季と乾季では何が違うのか?
吹く風が違います。
乾季はオーストラリアの方向(南東)から乾いた風が吹いてきます。
雨季は南西から湿った風が吹いてきます。
だから、乾季は湿度も低く、さらっとしていて涼しく感じます。
逆に雨季はじめっとしていて蒸し暑く感じます。


乾季は夜になればすぐに気温も下がり、ウブドでは寒く感じます。
雨季はなかなか気温が下がらず、蒸し暑いです。


しかし、雨季本番(12月から)になると、毎日激しい雨が降ります。
雨が降ると、打ち水をしたように、空気が冷やされ、涼しくなります。
だから、雨季と言えども、雨さえ降ってくれれば、そこそこ暮らしやすいのです。


が・・・この時期は、雨がまだ降りません。
太陽光線はきついは、湿気は多いは、風は暑いは、雨は降らないは・・・
だから、この時期が一年で一番暑いのですよ〜


12月にはいれば雨も増えて少しは涼しくなると思います。
それまで、辛抱です・・・