南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

バリ島語学教室SIKI・語学留学もできますよ

気がつけば、バリ島で暮らしてもう3年になろうとしています。
バリ島で暮らしたい」という方によく聞かれるのは「インドネシア語をどうやって習ったんですか?」ということ。
僕は、バリ島に暮らし始めたときデンパサールにある「バリ島語学留学YAYASAN SIKI」という語学教室で、インドネシア語を勉強しました。


このSIKIというところは、外国人にインドネシア語を教えたり、インドネシア人に日本語を教える、語学教室。日本で言うのなら、イーオンのようなところです。
本当に、学問としてインドネシア語を習いたい、勉強したいというのならユダヤナ大学などに留学したほうがいいと思いますが、日常生活に使うインドネシア語を習うのなら、このような語学教室で充分です。
大学に留学するとなると1年単位ですし、結構費用もかかりますからね。


僕がSIKIを決めたのは、生活サポートが充実しているから。
生活サポートというのは、アパートの手配や運転免許証取得の手伝い、スーパーマーケットなどの紹介、などなどバリ島で生活する為のアドバイスやお手伝いもしてくれることです。


単純にインドネシア語会話を習いたいだけなら、もっと安い会話教室もありますし、バリ島に友人がいるならその人から習ってもいいです。しかし、バリ島で生活するためには住むところを探したり、生活用品を揃えたり、免許証を取ったり、滞在に必要なビザを取得したりと、やることはいろいろあります。
言葉もあまりできない日本人がそれらをすべて行うのは無理。
バリ島に何回も来ていて、そういう事を手伝ってくれる友人がいればいいんだけど、そういう人がいなければ、長期滞在はちょっと難しいですね。


生活サポートがしっかりしているSIKIなら、事前にアパートを紹介してくれたり、ビザの手続をしてくれるので、旅行感覚で長期滞在ができます。
さらに、卒業後の就職の相談などにも乗ってくれます。


それと、授業がマンツーマンのプライベートレッスンが基本のところも嬉しかったです。
もちろん、友人と一緒に授業をうけることもできますが、マンツーマンだと自分のペース、自分の理解度に合わせて授業が進められるから、助かります。


インドネシア語は簡単だから、住んでいれば勝手に覚えられるよ」という人もいますが、バリ島の場合基本はバリ語。生活の中では、正しいインドネシア語は覚えられません。事実、バリ島の人もインドネシア語は学校で習っていますからね。
将来、バリ島で仕事をしたい、生活をしたいということなら、こういう語学教室でインドネシア語の基本をしっかり習っておくのがいいと思いますよ。