南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

バニュ・ピナロ

4月23日はサラスワティの日でした。
この日は、バリ・ヒンドゥー教のお祭りの日で、学問の神様サラスワティをおまつりする日で、本などを神様に捧げます。


そして、4月24日はバニュ・ピナロ(Hari Banyu Pinaruh)
この日は、サラスワティの恩恵を受けるために体を清める日だそうです。
サラスワティの日は何度も経験していましたが、バニュ・ピナロの日は「ナシクニンヲ食べる日」としか、認識していませんでした。


23日の夜、イブが「明日はバニュ・ピナロで、ムルカットに行くけど、一緒に行くか?」と聞いてきました。
ムルカットとは、沐浴。体を聖水で清める日です。
今年の2月に、イブやバッパとタンパクシリンにムルカットに行きました。
>>タンパクシリンでマンディ(ムルカット)


「どこでやるの?」
「JL.モンキーフォレスト」


ムルカットは川や海、泉でやるものだと思っていたのですが、JL.モンキーフォレストとは??
お寺でも、あるのかな?
と思いながら行ってみました。


JL.モンキーフォレストから路地を入っていくと、バイクがたくさん止まっていて、大勢の人がムルカットに来ています。小さな庭を抜けると、家があり、そこで皆さんお祈りをしています。
そう、今回のムルカットはブ・タンダ(高層)の家で行うのです。


ブタンダの前には、たくさんの人が並び、ブタンダはマントラ(お経)を唱えながら、聖水をかけていきます。その後、手桶いっぱいの聖水を頭から、かけます。
もちろん、頭はずぶぬれ。服も塗れてしまいます。
そして、お祈りをして、ムルカットは終了。
プタンダの家で、ナシクニンを頂いて帰りました。


家に帰れば、イブ手製のナシクニンが待っていました。


この日は、朝、昼、晩とナシクニンでした・・・