読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

ウブドの交通渋滞

ウブド名物交通渋滞。
年が開けてしばらくは、そんなにひどい渋滞はありませんでしたが、1月末から車が増え始め、2月から交通渋滞ひどくなりました。
そう、チャイニーズニューイヤー。
インドネシアはもちろん、シンガポール、マレーシア、台湾、中国本土、至る所から、チャイニーズニューイヤーのお休みを取った中華系観光客の皆様が、大型バスで押しかけております。そして、またまた広がる渋滞の輪!


以前「ウブドに大型バスはいらない」という記事を書いたとき、私の書き方、説明が悪かったのか一部の方からクレームを頂きました。
どういう事かというと・・・
「何も無い、村にたくさんの観光客が押し寄せるようになった。これは、地元に取ってうれしい事ではないか?しかし、静かな場所がほしい、自分たちの考える理想郷を作りたいと考える一部エゴイスト達が、地元利益をそっちのけに、やれエコだ自然保護だと言って大型バスを排除しようとしている」
といった、ま〜〜〜ったく、頓珍漢なクレームでした。


いやいや・・・自然だいすき、エコ大好きな外国人さんたちは、ウブドの北の田んぼの真中にヴィラを作って静かな生活を楽しんでいますから。
ウブドの街中が渋滞しようがどうしようが、全く関係ありませんから。


ウブド渋滞を憂いている人たちは、ウブドで観光客相手に商売をしている人たちなのですよ。


一部の外国人やバリ島以外の人たちの利益のために、本来充分な道や駐車場がないウブドにどう考えても通れないでしょ?という大型バスを入れることにより発生する、交通渋滞。
それにより、多くの観光客の足が遠のいているのですよ。


観光客は、バスや車が連なり、排気ガスが蔓延するウブドの街を楽しみにきているんじゃないんでしょ。
何時までも、こんなコトしていると本当に観光客がウブドに近寄らなくなるよ。
ということを危惧しているのですよ。


大型バスの功罪、まず、どう考えても通れないでしょ?といった狭い道を無理やり通っています。
だから、曲がり角でつっかえています。


また、大型バスの通行のため、道路が極端に傷んでいます。
モンキーフォレスト通りはアスファルトがはげて穴ぼこがいくつも増えています。
ラヤウブド通りは去年綺麗にした石畳が、もう崩れています。
そして、チャンプアンの橋はアスファルトが剥がれ、いつ落ちても不思議ではない状態です。


そして、ラヤウブド通りの大渋滞。
本来、観光バスは決められたバス停で乗客の乗降をさせなくてはいけないのに、そんな決まりはお構いなしに、市場の前とかにデンとバスを止め、何十人のお客を乗り降りさせています。
その間、図体のでかいバスが道を完全に塞いでいます。


観光客を市場の前で下ろした大型バスは、市場から歩いて5分程度のお寺の敷地に駐車しています。だったら、そこで客を乗降させろよ!5分くらい歩けよ!


この前見たのはもっと酷かったです。市場の前でお客を下ろしたバスは、市場の駐車場に駐車していました。は???なんで市場の駐車場でお客を乗降させないの?なんで、わざわざ道路を渡った反対側でお客さんを下ろすの?


バス会社、観光会社の人達も、もうちょっと考えて欲しい。
ひょっとしたら、お客が「ここで下ろせ〜」と言っているの?そうかも知れないなぁ・・・


つまり、ウブドのインフラが大型バスを受け入れるのに充分では無いのです。


じゃあ、インフラを整備すればいい?道を広げればいい?
どこに、そんなお金があるのでしょう。また、どこにそんな土地があるのでしょう。
今ある、お店やお寺や集会場を削って道を広げますか?
観光客が見たいと思っているウブドの町並みを壊して道を広げたら、観光客もたくさん来ますか?


それより、ウブドの郊外に大型駐車場を作り、観光バスなどはそこに駐車させ、観光客は歩いてウブドを回ればいいのです。ゆっくり回っても2時間あれば回れる広さしかありませんよ、ウブドは。そんな狭いエリアの話をしているんですよ。
こうやって、観光客が歩いてくれれば、ウブドエリアに広がるお土産屋さんやカフェ、レストランにもお客さんが入ってくれるでしょ。


ところで、大型バスが交通渋滞のすべての原因でしょうか?


いいえ、他にも原因があるのです。


それが、道路駐車。
モンキーフォレスト通りも、ハヌマン通りもデヴィシタ通りも、片側車線は車とバイクの駐車場になっているのです。そのため、お客さんを乗せてきた普通の車も、人の乗降のために道路を塞いでいるのです。
片側車線が空いていれば、人の乗降で渋滞にはならないのに。


じゃあ、そこに留めてある車やバイクはだれのもの?
これが、お店の従業員やオーナーの車やバイクなんです。
「店の従業員の車は、裏にでも止めておけ」これが、日本の常識なんですが、急激にモータリゼーションが入ったバリ島ではそうではないのです。


従業員用駐車場を作るだけでも、道路はすっきりして渋滞もへるんですよ・・・


あ〜、やっぱ駐車場、早く作らなければいけないよね。
だれか、なんとかしてください。