読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

バリ島VISAの話(4)シンガポールでソシアルVISA

ソシアルVISAを取る方法ですが、今回はシンガポールでエージェントを使って取る方法を説明します。


シンガポールバリ島から一番近い外国。そのため、インドネシアのVISAを取る人がよく行く国です。シンガポールにはVISAエージェントがいて、そこに頼めば、1日でVISA取得ができます。
もちろん、自分でシンガポールインドネシア大使館に行って手続きをしてもいいのですが、個人で手続きを行うと、申請からVISA発給まで3日間かかります。エージェントに依頼すれば1日でVISA発給されるので、ほとんどの方はエージェントに依頼します。


準備するものは、

  • パスポート
  • スポンサーのKTPのコピー
  • スポンサーレター
  • 写真(4cm×6cm、背景赤、2枚)
  • お金

以上です。


エージェントの手配、連絡はバリ島内のVISA会社にお願いしておけばいいでしょう。スポンサーレターの作成を依頼するとき「シンガポールでVISAをとるならエージェントを紹介するよ」と、言ってきますから。


VISAの申請は午前11時までなので、朝9時〜10時にエージェントにパスポートや書類を渡します。エージェントに会う場所ですが、エージェントが指定します。ホテルに来てくれる場合もありますし、エージェントのオフィスに行くこともあります。
エージェントに書類を渡したら、あとはシンガポール観光です。
夕方4時〜5時頃エージェントからパスポートが届きます。ホテルなどにパスポートを届けてもらう場合は、バイク便のおじさんがホテルまで持ってきてくれます。
これで、ソシアルVISAの取得は完了です。あとは、飛行機に乗ってバリ島に戻るだけです。


VISA取得の費用ですが、エージェントにお願いすると、だいたい175シンガポールドルくらいです。1シンガポールドルが68円くらいですので、12,000円くらいかかります。
自分で大使館にいけば、手数料(多分75シンガポールドルくらい)だけで済みますが、発給に3日間かかるのでその間のホテル代など滞在費を考えると、エージェントにお願いしたほうが安く済みます。
また、もっと安く対応してくれるエージェントもあるそうです。(チャイナタウンにあるエージェントは160シンガポールドルでやってくれるそうです)


シンガポールに滞在する日数ですが、VISA申請が11時までで、発給が4時頃になるので、シンガポール到着が朝9時、シンガポール出発が夜7時の飛行機があれば日帰りでVISA取得ができます。
今年の10月までは、エアーアジアのバリ島シンガポール便が、ありました。
しかし、スケジュールが変更になり、一番早いシンガポール到着が12時になってしまいました。
そのため、現在はシンガポールに一泊しなくてはいけません。

  1. 前日の夕方、シンガポールに到着
  2. ホテル等に宿泊
  3. 朝、エージェントに書類を引渡し
  4. 夕方パスポートを受け取り
  5. 夜、バリ島に移動

行きと帰り、違う航空会社を使えば、日帰りができるという話も聞いたことがありますが・・・


注意点として、VISAが発給されたパスポートをエージェントに持ってきてもらう場合、結構約束の時間に遅れることがあります。だいたい5時頃になってしまうので、帰りの便が早い方は注意してください。エアーアジアなら、シンガポール発が9時頃なので、かなり余裕を持ってまてますが、ガルーダは7時頃なので、かなりあせります。


以下のブログに個人で(エージェントを使わず)シンガポールでソシアルVISAを取った体験記が載っていました。ご参考にどうぞ!
ソシアルブダヤビザに挑戦〜バリ島恋する旅芸人
ソシアルブダヤビザを取ろう〜バリ島恋する旅芸人


次回は、タイでエージェントを使わずにソシアルVISAをとったときの話をアップします。