南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

バリ島VISAの話(2)

VISAの話、2回目は一番馴染の深い観光VISAからお話しします。


観光VISAと、言いますが、本当は到着VISA(VISA on Arrive 略してVOA)といいます。
その名のとおり、インドネシア国内に到着したとき、到着した空港や港で取得します。


VOAの取得費用は$25。特別な手続きはいらず、窓口にてお金を払えば取得できます。


VOAでの滞在期限は30日。1ヶ月ではないので注意してください。特に1月が31日ある月に来られるときは、注意です。
ところで、バリ島を出発する飛行機って深夜便が多いですね。1月1日にバリ島に到着して、1月31日の午前1時の飛行機でバリ島を出発する場合、30日以内なの?1日オーバーなの?って疑問が出ますが、あくまで入出国手続きをとった時間が基準になるので、31日の午前1時の飛行機でも、出国手続きを30日の11時59分までに行えば30日以内となるはずです。
しかし、チェックインカウンターが混んでいたとか、出国審査が混んでいたとかで、12時を超えたら、オーバーステイとなるので、1日くらいは余裕をみたほうがいいですよ。


ちなみにオーバーステイの罰金は1日$20(またはRp200,000)です。悪質なオーバーステイでなければ、罰金を払うだけで処罰はありません。


また、VOAでの就労はできません。商談や将来の就労のための準備(面接や手続きなど)位は見逃してくれますが、オフィスでの仕事などは、結構厳しくチェックされます。
此処で言う、就労とは、報酬が発生すること。無償で働くのなら、VOAでのでもいいと思うのですが、本当に無償なのかを証明するのが大変だと思います。


このVOAですが、今年の上旬に改正され、1回限り延長が認められました。
延長は30日間で延長費用は$25.
つまり、VOAで最長60日間の滞在が可能となったのです。


延長ですが、デンパサール空港の近くにある入管事務所(トゥバン事務所)で申請を行います。(入管事務所は他にもレノンという地区にありますが、VOAの延長申請は空港近くの事務所だけのようです)
申請は、滞在期間が切れる1週間〜10日前に行い、申請に必要なものは

  • パスポート
  • パスポートのコピー(顔写真があるページと、入国スタンプのあるページ)
  • インドネシアから出国する飛行機のチケット
  • 費用$25

だそうです。
申請した日にパスポートが返されるのではなく、数日後にパスポートが返却されるので、2回入管事務所に行かなくてはなりません。


※har56さんからの情報
VOA延長手続きは空港そばのトゥバン事務所だけではなく、レノン事務所でも行っているそうです。
たぶん、滞在地区によりどちらの事務所で手続きを行うか変わってくると思います。また、トゥバン事務所では手続きが2回で済むが、レノン事務所では3回かかる(申請・支払・受取)とも情報を頂きました。事務所によって対応が違うようですね。


クタとかサヌールに滞在して時間がある人なら自分で申請してもいいですが、ウブド等遠距離に滞在していたり、時間がない方はエージェントに依頼するといいでしょう。取得手数料込みでRp600,000〜Rp700,000位で代理申請してくれるそうです。


この制度により、2ヶ月バリ島滞在→1〜2日シンガポール→また2ヶ月バリ島滞在・・・といった手順で、観光VISAでバリ島に長期滞在することは可能ですが、シンガポールまでの飛行機代や渡航の手間を考えると、ちょっと面倒ですね。また、あまり入出国を繰り返すと入国審査で「仕事してるんじゃないか?」なんてケチを付けられますから、気をつけてくださいね。