南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

バリ島のネット通信〜ってことでいいんですよね?〜

旅行でバリ島に来ているのなら、ネットはネットカフェやフリーWifiを使えばいい。
しかし、長期滞在ともなると、自宅でネットが出来る方法を考える。
バリ島の自宅でネットを行うには

  • テレコム・スピーディーを使う。→でも、電話回線がなくてはいけない
  • チャンネル11など、ブロバイダーと契約する。→でも、専用のアンテナを立てたり、通信費が結構掛かる→業務用に使っている人多し
  • データ通信回線(携帯電話回線)を使う→最近、これが大流行


携帯電話のデータ通信回線を使う方法が、初期投資や使用料を含め、一番お手軽で使いやすいと思いますが、このデータ通信、いろんなブランドがあって、なにがいいのかよくわからない。そこで、ちょっと調べてみました。
例によって、間違いやアドバイスがあったら、コメントお願いします。


まず、バリ島で使われているデータ通信回線ですが

  • EDGE
  • CDMA−EVDO ver.A
  • HSDPA−CDMA

の3種類になります。


EDGEは、2G回線を使った通信技術なので、バリ島のほとんどのエリアをカバーしていますが、通信速度は遅いです。


CDMAは、EVDO、HSDPAとも、3.5G回線を使っているので、通信速度は早いのですが、カバーエリアには制限があります。南部エリアはほとんどOKですが、ウブド周辺の田舎は電波が行ってません。


ちなみに、CDMA−EVDOは、CDMA2000系で、HSDPA−CMDAは、W−CDMA系です。


バリ島には多くの通信サービスがありますが、メジャーなところは、TELEKOM、INDOSAT、XLの3つです。このうち、INDOSATとXLは、HSDPA−CDMAです。
TELEKOMはちょっと変わっていて、TELEKOM−FLASHはHSDPA−CDMAなんですが、別ブランドのTELEKOM SMARTは、CDMA−EVDOなのです。


どこのブランドを使うにしろ、通信用モデムとSIMカードが必要になります。
モデムですが、各社専用のモデムを出していますが。HSDPA−CDMA用は、各社のものが使える汎用モデムが発売されています。CDMA−EVDOは、SMARTしかないので、SMART専用モデムとなります。
汎用モデムは、CDMAとEDGE、両方使えるものが大半で、そのモデムでCDMAの電波が届かないエリアに行くと、自動的にEDGEに切り替わります。つまり速度が遅くなります・・・


モデムは、USB接続の小型のものです。中に入れるSIMカードは、携帯電話と同じものですが、中にはデータ通信専用のSIMカードを発売している会社もあるようです。(SMARTなんかは、そうですよね)
また、通信費は携帯電話と同じでプルサを入れます。入れ方は携帯電話と同じです。


通信速度、サービスエリアは、どこのものもほぼ同じです。ただし、SMARTは他にCDMA−EVDOを使っているところがないので、速度は他に比べ早いようです。


通信費ですが、HSDPA−CDMAは、ライバルが多いので結構通信費が下がりました。1日パッケージから1月パッケージまで、いろいろ出ています。安いところで1月10万Rp以内かな?
このパッケージを使わないと通信時間によって費用が掛かってしまいます。
しかし、HSDPA−CDMAは、どこも通信料に制限があります。まぁ、動画をがんがん落とさなければリミットにはいかないそうですが。
CDMA−EVDOのSMARTは、データ量の制限はないようです。また、SMARTは、他のものに比べて通信費は高いです。


これで、内容はあっていると思いますが、もし違っていたら教えてください・・・