南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

海外送金・東京三菱UFJと新生銀行を検証してみた

日本の銀行口座から、インドネシアバリ島に海外送金をする方法、今回は「東京三菱UFJ銀行」と「新生銀行」の海外キャッシュカードを使った、ATM現金引き出しを実証してみました。


ちなみに、過去の記事はこちら


東京三菱UFJ銀行新生銀行とも、VISAインターナショナルを介して、為替両替をしているので、両替レートはVISAインターナショナル・レートに比例しています。
両銀行の各々の両替レート、及び引き出し手数料は、以下のとおりと各銀行のサイトに載っていました。

  • 東京三菱UFJ銀行
    • 両替レートはVISAインターナショナルレートに5%を加えたもの
    • 両替手数料は1回あたり105円
  • 新生銀行
    • 両替レートはVISAインターナショナルレートに4%を加えたもの
    • 両替手数料は無料


なお、VISAインターナショナルレートは以下のサイトで確認できます。
Excenge Rate-VISA International


今回の検証とは

  • 海外ATMでお金を引き出した時の両替レートは、各銀行のサイトに載っている通りか?
  • サイトに載っていること以外にお金はかからないか

を、実際に引き出しを行ない、その後インターネットバンキングで口座確認をして検証しました。
引き出しはバリ島ウブドのデルタデワタスーパーマーケットにあるプルマタ銀行のATMを使用しました。


東京三菱UFJ銀行の場合

  • 引き出し日:2010年11月12日午後6時(バリ島時間)
  • 引き出し額:1,000,000Rp
  • 当日のVISAインターナショナル両替レート(レート+5%):1,000,000Rp=9,787円
  • 銀行口座からの引き落とし額:9,787円+手数料105円
  • 検証結果:サイト記載通り「VISAインターナショナル・両替レート+5%」+「手数料105円」でした


新生銀行の場合

  • 引き出し日:2010年11月13日午後6時(バリ時間)
  • 引き出し額:1,000,000Rp
  • 当日のVISAインターナショナル両替レート(レート+4%):1,000,000Rp=9,667円
  • 銀行口座からの引き落とし額:9,667円
  • 検証結果:サイト記載通り「VISAインターナショナル・両替レート+4%」のみでした。


このように、東京三菱UFJ銀行新生銀行とも、サイト記載通りの両替レート、手数料で、それ以外に費用はかかりません。
また、現時点で新生銀行の方が両替レート、手数料とも東京三菱UFJ銀行より条件がいいので、海外でATMを使った預金引き出しは新生銀行が一番お得だと思います。


注意事項

  1. VISAインターナショナル両替レートは、GMT世界標準時間)の午前0時で変更されます。そのため、GMTより8時間時間が進んでいるバリ島では、引き下ろす時間により同じ日であっても、適応されるVISA両替レートが変わってきます。
  2. 現時点で東京三菱UFJ銀行三井住友銀行りそな銀行は海外キャッシュカードの新規発行はしておりません。従来からお持ちの海外キャッシュカードは使えますが、これから作ることはできないそうです。(再発行は可能)
  3. 新生銀行は現時点で海外ATMで使えるキャッシュカードの発行をしております。