南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

バリ島人気アップのためにやるべきこと

何回も書きましたが、バリ島に来られる日本人観光客の人数が激減しています。


バリ島人気の下降についてはこちら
バリ島人気下降の理由についてはこちら


最近見つけたWebページなんですが、今年の海外旅行先人気ランキングがありました。
トラベル子ちゃんのサイトです。
やはり、人気は「韓国」「ハワイ」「グアム」ですね。「近くて」「安全で」「快適」ということでしょうか。でも、「バリ島」もそんなに低いわけではありませんよ。
また、「不景気だからバリ島にはいかない」という理由は、完全に「なし」ですね。それなら、なぜ「ハワイ」が相変わらず多いのでしょうか?


バリ島の人気が回復すれば、バリ島に来る人は増える。これは、間違いがないと思うのです。


バリ島のイメージについて考えてみましょう。
ウエブサイトやブログでバリ島のイメージについてみてみると、バリ島に対するマイナスイメージで溢れています。


地震、洪水、火山の噴火など自然災害が多い。・・・これはジャワ島やスマトラ島の状況ですが「インドネシア」と、ひとくくりにされて「バリ島も自然災害が多い」と思われています。
・テロや殺人事件が多い・・・アメリカに比べて多いですか?ハワイでも殺人事件はありますよ。
・旅行者への詐欺事件が多い・・・タイも多いですよ。グアムでも騙されたという話はありますよ。

また、ウエブでよく見かける旅行者の不安として
JAL直行便が廃止されジャカルタなどの経由便になったが、経由地での乗換がうまく行くか不安
・デンパサール空港でポーターによる高額チップの請求など、旅行者が騙された、ぼられたという話をよく聞き不安
狂犬病デング熱赤痢、チフスなど、病気の話が多くて不安


このように、「バリ島は、危険、注意が必要」というマイナス情報が溢れているのです。
反面「こうすればいいよ」「これで、大丈夫」というプラス情報は個人レベルでしか流れていません。


バリ島の正しいイメージ、正しい情報がしっかりと流れていないのが、一番の原因と思います。
流れていても、それは個人レベル(ブログ等)や旅行会社のPRサイトですよ。


バリ島」というキーワードでgoogle検索してください。最初に出てくるのは「フォートラベル」そして「HIS」です。
では「タイ」でgoogle検索してください、「ウイキペディア」のつぎに出てくるのは「タイ王国観光庁」です。「ハワイ」では、「ハワイ州観光局」がトップ表示されます。これです!


バリ島には、公式(オフィシャル)な情報サイトがないのです。
インドネシア共和国の観光サイトは貧弱で、バリ島に関してはあまり触れていません。また、バリ島の情報を求めるのに「インドネシア」で検索する人は少数です。「バリ島」で検索します。


個人サイトにちゃんとした情報が乗っているから大丈夫。
そうでしょうか?旅に慣れていない人、Webに慣れていない人は、公式サイトの情報を頼りにしますよ。


バリ島に多数ある日本人向けの観光会社、またその組合が中心になって、バリ島観光局と協力して日本に対して公式な情報を発信するしくみ作りをしていけば、バリ島の人気は回復すると思うのですが。
いつまでも、大きな旅行会社とか、雑誌社、飛行機会社ばかりを頼りにしていては、解決しないと思います。自分たちで協力し合い、前に進むべきだと思うんですよね。


「日本人同士が、みんなで協力し合い」・・・まぁ、バリ島ではこれが一番難しいんですけど。