南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

これからのバリ島

いやぁ、難しい!
どうしたら、バリ島に日本人観光客を呼び戻せるか?
とにかくネガティブな要因が多い。
JALの撤退、殺人事件、狂犬病デング熱。一般の日本人なら、楽しい海外旅行先にバリ島を選ぶわけがないと思えるほど、ネガティブ要因が多いのです。


ネガティブ要因を消せばいいと、考えますが、これはなかなか難しい。バリ島に来る旅行客が安心して楽しめる環境作り、これも大切なこと。しかし、なかなかできることではないですね。もちろん、やっていかなくてはいけませんが。


そして、ネガティブ要因を打ち消すほどの、ポジティブ要因を創りだすことが重要。少々不便でも、バリ島に行きたい!という欲求を生み出すことが必要です。
そう、これからのバリ島は、日本人がバリ島に来たい!という要因を作り出すことが必要なんです。
って結論で・・・・・


うぉい!
これが結論かよ???


はい、すみません。具体的な方策は、浮かびませんでした。


ただ、漠然と思ったことがあります。
バリ島は、旅なれた方が楽しむ場所じゃないかと思います。
つまり、マスからコアへの転換。


ただし、コアな方は、お金を落としません。が、本当に必要なものにはちゃんとお金を払います。
言い方を変えれば「旅なれた大人の旅行者」を引き寄せる。


バリ島を本当に楽しむにはどうしたらいいのか?
バスや車の窓から、景色や町並みを見ていても、なんにも面白くないのです。
バリ島を楽しむには、パサールやオダランの中にはいって、周りの人とバリ島の生活を楽しまなくては、本当のバリ島の面白さが見えてこないと思います。
バリ島の文化を楽しむ・・・ってことでしょうか?マス旅行者にはちょっと、できないと思いますけど。


一番お金を落としてくれる、マスな旅行者が来てくれるのが、一番いいかもしれませんが、マス旅行者が嫌がる要因が多いバリ島で、無理をしてマス旅行者を引っ張るより、コアな旅行者を引っ張ってくる方が、いいように思います。


なんか、具体案にかける、適当な結論になってしまいましたが、僕の少ない知識と知恵ではこの程度しか浮かびませんでした。ごめんなさい。


あ・・・そうそう、コアは、マスを呼びますから・・・