読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

バリ島から日本人旅行者が減った3つの理由〜私的考察〜

先日のブログでも書いたとおり、2009年10月から日本人のバリに関する興味度が急降下し、それに前後してバリ島を訪れる日本人観光客が激減しております。
僕がよく見ているブログ(現代インドネシア事情)にもあるとおり、景気低迷による海外旅行者の現象という理由ではありません。海外旅行は、減っていないのです。しかし、なぜバリ島インドネシアに来られる日本人の数が減少しているのでしょうか?
インドネシア全体での理由、傾向はよくわかりませんが(特にビジネスがらみはまったくわかりません)バリ島に観光で来られる日本人が減った理由を、自分なりに考察してみました。自分だけの考えですので、異論や間違いもあるかと思いますが、ご容赦願います。


1.JALの撤退
一番大きな理由と言われているのが、JALの撤退です。それまで、日本とバリ島を結ぶ直行便はJALとガルーダの2便がありましたが、JAL撤退によりガルーダ1便となりました。
それでも、SQやCIなど経由便があるのにと思いましたが、特に海外旅行に慣れていない方にとって「海外の航空会社の経由便」は、嫌う傾向があるそうです。言葉の不安、サービス・食事の不安、事故の不安、乗換空港での不安があるということです。
そのため、「バリ島までJALの直行便がない」ということは「バリ島に行けない」という事になるそうです。



2.邦人女性殺害事件の影響と、バリ島の危険度
昨年の9月に発生したバリ島クタでの邦人女性旅行者殺害事件は、日本の過剰とも言える報道のおかげで、完全に「バリ島=危険な場所」というイメージを植え付けました。特に、犯人が警察を名乗り、ホテルスタッフもその犯人をホテル内に入れて被害者女性にあわせてしまったという事が、女性旅行者にとってより恐怖心を煽るものだったと思います。
事実、その後「会社からバリ島渡航を禁じられた」「親からバリ島旅行をやめるよう説得された」「周囲の人から心配された」という話をかなり聞きました。また、そういう理由で渡航をキャンセルされた方もかなりの数に登っているようです。


また、それと相前後して「クタビーチのジゴロ」「ぼったくりショップ」「トランプ詐欺、パンク詐欺」など、バリ島のマイナスイメージが広く世間に知れ渡ったのも事実です。とくに、このようなマイナスイメージは、話が大きくなりますので、小さなエリアで起こった事件でもバリ島全体がそうであるかのように捉えられてしまいます。



3.日本人が海外旅行に求めているものが変わってきている(と、思う)
この理由が自分の中で最も大きいものだと思います。
現代の日本人旅行者が海外旅行に求めているものは「日本と同じかそれ以上の快適さ」と思います。


日本と同じように綺麗で、言葉が通じ、買い物ができ、行動ができ、宿泊ができ、
そして
日本にない景色や遊び、買い物、食事ができるところ
一番行きたいところではないのでしょうか?


しかし、バリ島は日本語はそんなに通じません。また買い物も値段交渉が必要で、気を抜くとぼられてしまうこともあります。清潔面、衛生面も世界で一番綺麗な国に住む日本人にとっては耐え難いものがあるでしょう。自然が多いバリですが、その分虫やトカゲもたくさんいます。それも耐えられませんね。


一昔まえの旅行者は、そういう不便なところ、マイナスなところも旅の楽しみとしておもしろがっていました。しかし、今の旅行者の大半はそういうマイナスなものは避けたい、プラスだけ欲しいという欲求が強くなっています。


「マイナスを避けたいのは当然だ」
そのとおりだと思います。しかし、そういうマイナス面を楽しみ、プラスに変えてしまうエネルギーがもう日本人にはないと思います。
高い値段を提示してくるおみやげ屋に対して、値段交渉をするエネルギー。
少しぐらい汚い店でも、平気で入っていくエネルギー。
不衛生な食べ物、飲み物を自分で取捨選択し、安全に旅を続けるエネルギー。
これらが、日本人にはなくなっていると思います。


すごく簡単にいうとバリ島がディズニーランドだったらいいのになぁ」です。


先の邦人女性殺害事件の報道や、インターネットの発達による各種情報の収集などにより、以前日本人が持っていた「バリ島=楽園」イメージが壊れ、日本人のバリ島離れが加速したと思います。



今後バリ島に日本人を呼び戻す方策。
難しいことですが、「日本人がイメージするバリ島を現実化し、日本人が安心して来られる観光地にする」か「バリ島のプラス面、マイナス面をしっかり伝え、それでもバリ島に魅力を感じる人だけに来てもらう」という相反する方策、どちらかの道を進まなくてはいけないような気がします。