読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

サイトやブログにfacebookの「いいね!」ボタンをつけてみたら

SEOに関して

最近、日本でも注目度アップ中のfacebook。日本にはmixiというSNSがありますが、それとはまた違った魅力があります。


facebookの機能の中に「いいね!」ボタンがあり、自分のサイトやブログにこの「いいね!」ボタンを設置している人も多いと思います。Webには「いいねボタンの設置法」をアドバイスしてくれるサイトが沢山あり、自分もそれらを参考にして、管理しているサイトやブログにいいねボタンを付けてみましたが、その中であった、トラブルをちょっとご紹介します。


「いいね!」ボタンを設置するには、facebookデベロッパー(開発者)サイトのボタンを作るページにアクセスします。
アドレスはこちら
http://developers.facebook.com/docs/reference/plugins/like



英語のページが立ち上がりますが、ビビらないでください。


このページの中に、次のようなボックスがありますので、こちらでボタンデザインを決めます。

ボックスの中のパラメーターを変えると右側に実際のボタンがレビューできますので、これでお好みのボタンを決めてください。


で、デザインが決まったら、「Get Code」ボタンをクリックすると、以下のようなコードができます。

このコードをコピーして、自分のサイトやブログにペーストすれば完成。
コードは「iframe」と「XFBML」がありますが、どちらでもお好みの方をどうぞ。XFBMLはJavaコード非対応サイトでは使えません。


そうすると、自分のサイトにこんなボタンが付きます。


この方法で作った、iframeコードを自分のサイトにつけてみたら、いいねボタンの横のアクセスカウンターの値が「160,000」となって、びっくり!
いつの間に、こんなにアクセスが・・・って、違うよ、何か設定がおかしい。
で、いろいろ調べてわかりました。


ボタンを作るページのボタンデザイン用ボックスにある「URL to Like」のパラメーターですが「この項目を空欄にしておけばボタンを張り付けたページのURLを『いいね』してくれます」と、多くのサイトが解説してあったので、その通りにしました。
その時できたコードがこちら。


<iframeコード>
<iframe src="http://www.facebook.com/plugins/like.php?href=http%3A%2F%2Fexample.com%2Fpage%2Fto%2Flike&layout=button_count&show_faces=true&width=100&action=like&colorscheme=light&height=21" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:100px; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe>


<XFBMLコード>


iframeコードの赤い部分に注目。なんか変なアドレスがくっついています。
どうも、これが悪さをしているみたい。


XFBMLコードを使うのなら問題なく「いいね」カウントが動きました。


そこで、先ほどのボタンを作るサイトのボックスで「URL to Like」パラメーターに「111111」と入れてみました。


そして、「Get Code」ボタンを押して出てきたコードがこちら



<iframe src="http://www.facebook.com/plugins/like.php?href=111111&layout=button_count&show_faces=true&width=100&action=like&colorscheme=light&height=21" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:100px; height:21px;" allowTransparency="true">



iframeコードの赤い部分(111111)をコードを設置するURLに置き換えて、設置したらちゃんと「いいね」カウンターが動作しました。
コード生成のバグでしょうか?


サイトをテンプレートなどで作っていて「いちいち、設置URLに書き換えることはできないよ」ってことなら、XFMBLコードを使った方がいいようです。