読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

バパッのリフレクソロジー

僕が今住んでいるホームステイ(下宿屋)のバパッ(親父さん)は、普段は学校の先生ですが、家にいるときは、マッサージ師の仕事もしています。
マッサージ師といっても、バリ島によくある観光客向けのマッサージ屋さんではなく、地元の人向けの治療マッサージで、足つぼマッサージ(リフレクソロジー)です。
治療ですから、痛いです。癒しなんてありません。


先日タイから帰ってきてから、体の疲れが抜けず、腰も痛くなってきたので、久しぶりにバパッのマッサージを受けました。バパッの話によると「体が冷えると血の流れが悪くなって、悪いところが出てくる」そうです。
そのため、まずは赤外線ランプで、腰を温めます。
10分くらい温めたら、その部分があったかくなってきます。
気持ちがいいのは、ここまで!


いよいよバパッのマッサージの始まりです。


まずは、うつ伏せの状態で、足を握ってきます。もうこの状態で「いたたたたた・・・」です。力を入れて握っているわけではないのに、痛いのです。


次に、手の甲を使ってひざの裏をペシペシします。これも、結構痛いです。
血の流れが悪いと、このペシペシでひざの裏が内出血したようになります。僕は、あまりでませんでした。


そして、ふくらはぎを肘でグリギリされます。ふくらはぎが固く張っている僕はこれも「いででで・・・」です。


ついに、本番、足裏マッサージです。
マッサージ棒で、つぼを押してくんですが「うぐっ!」「ぐぇっ!」「いでででででででででででででででで」です。
でも、痛いところと痛くないところがあります。
僕は、足の土踏まずの横と、親指の横が痛かったです。
でも、同じ土踏まずの横でも、ポイントを少し変えると、そんなに痛くありません。


拷問のようなマッサージがしばらく続き、またふくらはぎをグリグルされたり、ひざの裏をペシペシされたりして、マッサージは終了しました。
バパッに言わせると「腰もそうだけど、疲れがたまっている」ということです。


マッサージを受けた後は、水を飲んで水分補給をします。
腰の痛みはだいぶ軽くなりました。完全に直るには時間がかかるそうです。
体の疲れは、翌朝の目覚めが爽快でしたので、かなり良くなってきていると思います。


最近、ネットなどでバパッの事が紹介され、時々日本からバパッのマッサージを受けたいと来る方がいます。
効果はしっかりありますが、かなり痛いですよ。覚悟しておいてください。
ただし、健康な方は全く痛くないそうです。



↓こちらをポッチっとお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

↓こちらもポッチっとお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村