南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

注意!新たな手段

バリ島に旅行するとき、ほとんどの旅行会社から言われる注意事項に「空港のポーター」があります。
よく「もぐりのポーター」とか、「いんちきポーター」とか言われますが、彼らはれっきとした空港職員。
偽物の空港職員が空港内には入れませんから。


で、困ったことにその空港職員が、強引な手でポーターをするのです。
飛行機から出てきた荷物がターンテーブルで回っているときに、勝手に荷物をピックアップし、両替店の前まで運び「チップ1,000円」を請求。気の弱い日本人がそれを払ってしまうのです。
本来、ポーーターのチップは数千Rp。まぁ、ちょっと上乗せしても一万Rpでそれ以上支払う必要はないんですが・・・


最近、ガイドブックなどによりポーター被害が報告され、日本人観光客は荷物を勝手に運ぼうとすると「No!」と言えるようになりました。
そのため、なかなか荷物を運ばせてもらえないようになったそうです。
そこで、最近悪知恵の働くポーターが新たな手段を考えたそうです。
その方法とは・・・(注:これは友人から聞いた話です)



荷物を持って、あるいはカートに乗せて税関の窓口に並んでいる旅行者に
「荷物をチェックするから、こっちに来て」
と、カートを押して税関をスルーして両替屋の前に。そこで「はい、チップ1,000円」となるそうです。
この被害にあわれた方は、バリ歴が長いので途中で気がついて「あんた、本当の税関職員?」って問い詰めて、荷物を奪い返したそうですが、初めてバリに来て「税関のチェックです」なんて言われたら、信用しちゃうよね。


まぁ、ポーターを使えば税関をスルーできるので、税関が混んでいたり、荷物を開けられたくないときはポーター君を使って、チップ一万Rpくらい渡してやればいいんですが、こんな手段を使われると、ますますバリ島のイメージが悪くなるよねぇ・・・
あの、悪名高き空港イミグレの粛正もあった事だし、そのうち悪名高きポーター君もそのうち大粛清されるかも・・・
そうなったら、税関すり抜けの技も使えなくなるよね。


ところで、この空港ポーターの話をすると「これだから、アジアの国は・・・」って厭な顔する方が多いけど、空港のトラブルって結構ありますよ。イギリスのヒースロー空港の荷物万引きはもう何十年も改まらないし、アメリカの空港でも職員が荷物を投げていて問題になったし・・・
結構、いろんな国で問題になっているんですね。






↓こちらをポッチッとお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村