南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

じゃじゃん

じゃじゃんとは、バリの言葉で「お菓子」
じゃじゃんの中でも「じゃじゃん・ばり」と呼ばれるものがあり、これは「バリのお菓子」という意味だけど、日本風に言うと「生菓子」
もち米などを材料にして、ココナッツフレークやヤシ砂糖のシロップをかけていただくお菓子です。


このじゃじゃん・ばりですが、一番有名なのが「クレポン」
緑色(草色)のお餅の外側にココナッツフレークがかかっていて、中にはシロップが入っているお菓子です。
タナロット寺院に行くと、参道にこのクレポンを売るおばあさんがたくさんお店を出しています。


他にも、もち米を蒸したものに、シロップを掛けただけの物もあり「甘い、赤飯」みたいで、最初違和感がありましたが、食べてみるとおいしい。
「ラッラッ」というじゃじゃんは、円錐形に焼いた、う〜ん、なんて言っていいかうまく表現できないけど、スポンジ(?)みたいなのに、ココナッツフレークとシロップをかけて食べるもので、これは僕が棲んでいる家の大家さんが毎日作っています(売るためにね)


じゃじゃん・ばりは、生菓子なので、日持ちがしません。そのため、売っているのはスーパーの店先の売店や市場になります。
時々ワルンでも売っていますが、ほとんどのワルンが、朝市場で買ってきたのを売っているので、昼過ぎに買うのはやめましょう。
また、家で作ったのを、家の前の小さなスペースで売っているお店もありますが、こういうところは、大体がうまいです!
具体的に言うと、ウブドのJlハヌマンを南下して、ナマステの角を左に曲がり、すぐ右側にある、老夫婦がやっているお店。安くておいしいです。2千Rpも買えば、山もりきます。

広告を非表示にする