南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

バリコピ

バリ島のコーヒーと言えばバリコピ
コーヒーの豆をパウダー状に挽き、そのままカップに入れてお湯を注ぎ、粉が沈殿するのをまって飲むコーヒーです。
レギュラーコーヒーのようにフィルターは使いません。
このような飲み方バリ島独自のものではありません。
有名なところではトルキッシュ・コーヒー(トルコ式コーヒー)もそうです。
と、いうかフィルター式のコーヒーが誕生する前は、みんなこんな飲み方だったのです。
西部劇でよる、ガンマンがコーヒーを飲んで、最後コーヒーを捨てるシーンがありますが、これもカップのそこに沈んだコーヒーパウダーを捨てているのです。


さて、バリ島のコーヒーですが昔ながらのバリコピと、フィルターを使って入れるレギュラーコーヒーとインスタントコーヒーがあります。
レギュラーコーヒーは最近増えてきて、大半がエスプレッソマシーンを使って入れています。一部のお店ではネルフィルターを使って手で入れているところもあります。インスタントコーヒーは「ネスカフェ」と呼ばれていて、メニューにも堂々と「ネスカフェ」と載っています。


自分はもっぱらバリコピを飲んでいます。
バリコピの粉はスーパーとかいろんなところで売っていて、「クプクプ印」のものが有名です。
でも、一番おいしいのは、取れたての豆を焙煎したてで、入れたてのものです。友人の実家で出してくれる自家製のコーヒーが一番おいしいですね。
でも、毎日それは飲めない(家族の分しかないので、分けてもらう事ができないのです)ので、パサールで売っている、手作りのコピを買ってきます。
500gで2万Rp.すごくおいしいですよ。

広告を非表示にする