南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

移住する人々

そろそろ、バリに来て1年になろうとしています。こんだけいると、移住に関して相談を受けます。
「バリに移住いいですね〜」「私も移住したいです」


でも、最近思うのは、バリの生活を結構簡単に考えていませんか?
移住したい、バリで仕事をしたい、って方に「何ができますか?」って聞くと、たいていの方は「インドネシア語はできない、PCもあまりできない、英語もできない」って方が多い。
なんか、バリでの就職活動を結構簡単に考えている方が多いです。


バリで日本人が働くとしたら、一番多いのがホテルやスパのゲストリレーション。これは完全な接客業ですので、会話能力が要求されます。特に英会話。日本人客も多いのですが、日本人以外のお客さんも多い。そうなると、やはり英会話が必要。インドネシア語よりも必要。
会話能力がなければ、専門能力。PCでも、何でも人より優れている能力がなければ仕事にありつけないのはバリでも同じ。
「私はこんなスキルがあるから、この力でバリで仕事を探す」というものがなければ、バリでの就職活動は難しいですね。


「何でもやります」「皿洗いでも」的に考えている人もいますけれど、そんな簡単な仕事は日本人はさせてもらえません。なにより、労働ビザ代をどうやって稼ぐのでしょうか???


それと、時々いるのが「サーフィンをやりたいからバリに移住する」ってかた。
もちろん、サーフィンをやることは結構です。
でも、サーフィンで食っていく力(プロとか、サーフショップ経営とか)があるならともかく、単に遊びたいなら、半年間日本で稼いで、残り半年をバリで過ごす(もちろん、仕事をしないでサーフィン三昧)方が、いいんじゃないでしょうか?
遊びながら仕事をするのは、無理ですよ。日本のように週休2日じゃないし、有給もないよ〜
遊びを仕事にできる力があれば、いいんですけどね。


バリに(移住するために)来るのなら、まず何のために来るのか、どうやって生活するのかをちゃんと考えましょう。(と、半分反省も含めて言いたい)


ってことで、また日本人に愚痴ってしまいました。