南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

金銭感覚

観光客がバリに来て一番最初に驚くのが両替レート。一時1円=130Rpオーバーしましたが、最近は1円=110Rp〜120Rp。まあ、1円が100倍になるんだから、感覚的におかしくなるよね。
街中で、ちょっとコーヒー飲んだだけで、2万Rpとかいわれたらびっくりするよね。
まあ、値段を100分の一にすればいいって、よく言いますけど。


でも、時々「そんなにケチらなくても」って思うことがあります。先日Mixiで見かけたのが「空港からクタに行くのに、エアポートタクシーは高いから流しのタクシーを拾う」という話。
たしかに、エアポートタクシーより、流しのメータータクシーの方が安いかもしれないけど、1万Rpも変わらないよ。1万Rpっていえば、100円だよ。
「少しのお金でも切り詰めたい」ってよく聞くけど100円のタクシー代をケチって、重い荷物を引きずって、つかまるかどうかわからない、タクシーを待つことを考えたら・・・同なんだろう。
まあ、その料金差がわからないってこともあるけど。


それと、お金をごまかされたって話。いくらごまかされたかって聞いたら、1,000Rp.10円ですよ。日本でもおつり10円、間違っても「ま、いいか」って思いません?
まあ、金額よりも「ごまかされた、やられた」って思いが強いんでしょうけど。


以前、見た書き込みで「バリ人は月収が1万円も満たないのに、1日チャーターして5千円も取りやがった。半月分のしゅうにゅうだぜ」ってやつ。
そうかもしれないね。1日のチャーターで半月分の収入があるかもしれないけど、ガソリン代とか、考えたらどうだろうかね?それに、カーチャーターなんて(専門のツアー会社じゃなければ)毎日あるとは考えられないよ。「月収がいくらだから」って日本の状況と同じように考えちゃだめだけどね。


そうそう、バリは人件費は安いけど品物は結構高いのよ。特に輸入品。
インドネシア国内で作っている品物は安いけど、輸入品は輸入税もかかるし、結構高いのですよ。食品で言ったら乳製品、バターとかチーズは結構高い。マクドナルドも結構高いし。
車も、輸入車なんか輸入税300%だから、びっくりしちゃうのよ。
バリは何でも安い!なんて思っていたらおおまちが〜い!日本より高いものもあるのです。


と、まあお金に関していろいろ書いたけど、暮らしてみないとわからないのよね。
あ〜、またブログでぐちっちゃったよ。

広告を非表示にする