南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

赤痢闘病記

アメーバ赤痢になったよ〜!ってブログにアップしたら、たくさんの方からお見舞いのお言葉を頂戴しました。この場を借りてお礼申し上げます。
さて、現在体調はすこぶる順調で下痢もおさまり、食欲も旺盛です。ただ、医者から渡された薬はちゃんと最後まで飲まなくてはいけないので、あと1週間薬漬けです。で、このあたりで、闘病記というか経過報告をさせていただき、次にアメーバ赤痢になる方の参考にしていただければと思います。

ことの起こりは先々週の土曜日でした。午後から、ちょっと寒気がするようになり夕方には体のだるさも感じました。風邪だろうと思い、以前バリの診療所でもらった解熱鎮痛剤を飲みました。食欲はあまりなかったのですが、友人がリゾット(と、言ってましたが、どう見ても雑炊)を作ってくれたので、なんとか食べました。このあと、体もだるく熱っぽかったので早々に寝たのですが、夜中に寒気で何度も目が覚めました。

翌日は日曜日でしたが、前日早く寝たせいか5時過ぎに目がさめましたが、相変わらず、寒気と発熱が続きます。そこで、すぐにクタにあるBIMCというインターナショナルの病院に連絡を取ってタクシーで行ったのです。
ここは24時間開いているので早速先生に診てもらいました。熱を計ると38.8度!!
寒気、頭痛、発熱はありましたが、この時点ではまだお腹の異常がなかったので、血液検査用に採血し鎮痛解熱剤をもらって帰りました。

帰宅後すぐに薬を飲むと、眠気が襲ってきたので3時間ほど寝ました。目が覚めると11時過ぎ。熱も下がり体調も良くなっていたので昼食にパンとバナナを食べ、テレビなんぞを見ていたのですが、2時頃からお腹が痛くなりトイレに行くと下痢!しかも、かなり水っぽいやつです。
その後2回ほどトイレに行ったあと、さすがにこれは・・・と思い再度BIMCに電話してみてもらうことになりました。
BIMCでは、また寒気とだるさが襲ってきましたが、下痢をしているので即検便をしました。
検便の結果は2〜3時間後に出るというので、腹痛の薬をもらい、帰宅。
食欲もないので、お腹の薬と鎮痛解熱剤を飲み、うとうとしているとBIMCから電話が。
「便からアメーバ菌が見つかりました。アメーバ赤痢ですので薬を出しますから病院に来てください。」
アメーバ赤痢でも一回でアメーバ菌が見つかるのは珍しいそうです。

即タクシーを呼んで病院に行き、薬の説明を聞きました。薬は抗生物質で2種類あり、ます最初に1の薬を毎日3回飲みます。これが10日分あり、それを飲み終わると2の薬をまた1日3回飲みます。これは7日分。つまり17日間薬を飲み続けます。
体調が回復しても、アメーバ菌が残っているので、必ず全部飲むように言われました。

帰宅後さっそく薬を飲みましたが、下痢は止まらず、だいたい2時間に一度はトイレに行ってました。脱水症状になるので、こまめに水分補給をしました。
翌月曜日、下痢はだいぶおさまりましたが、まだ腹痛がするので1日おとなしくしていました。

火曜日になると、腹痛もだいぶおさまり、食欲も出てきて、木曜日からうんちも正常になりました。

ってことで、約1週間で体調は元に戻ったのですが、薬はまだ飲み続けています。

あとで聞いた話ですが、こちらではアメーバ赤痢は結構メジャーな病気で10人のうち8人はかかるそうです。
人から人への感染力は弱いので、そんなに神経質にならなくてもいいそうですが、トイレを清潔にするのと、食事前には手を洗うように先生から言われました。

広告を非表示にする