南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

むんぷるばいきぃぃぃぃぃ!!!


昨日のお昼の事でした。お昼ごはんにパダンを買ってきて家で食べていると、右奥の歯に何か違和感が・・・鏡で見てみると、奥歯にかぶせてあった金属が取れていました。奥歯は神経を抜いてあるので痛みはないのですが、ご飯が詰まるし、そこからまた虫歯になってしまっては困るので、さっそく歯医者に行くことにしました。歯医者は以前在住のMさんに紹介してもらったデンパサールのアルジュナ・デンタル。ちょっと遠いけど、すごく丁寧な治療をしてくれて、日本人通訳もいるので安心という事でした。電話を入れたら、火曜日の3時から空いているそうなので、すぐに予約を入れ、昨日行ってきました。


歯医者の場所は、僕のインドネシア語の学校があるRenon地区からちょっと離れたJL.TukadBalianというところで、住宅地の中にあります。玄関から入るとすぐ受付兼待合室兼診療室になっていて、日本人の方が迎えてくれました。初診という事で、日本の歯医者さんのように、問診表(もちろん日本語)を書き、早速診察です。先生とアシスタントはインドネシアの方ですが、さきほどの日本人の方が横に付き添っていてくれて、先生の説明を通訳してくれます。まあ、先生も「口を開けて」とか「うがいしてください」という簡単な日本語はできますけど。


で、先生の説明によると取れてしまった金属がどこかに行ってしまったので、またかぶせる物を作らなくてはいけない。ただし、歯の上の部分はほとんどないので、根っこの部分をかなり削って土台を作りなおさなくてはいけない。という事でした。
が、「6月には一時帰国する」と話したところ、「では、本格的な治療は帰国時に日本の歯医者でやるとして、今回はそれまでの仮の処置にしてはどうか?」と提案され、そのようにすることにしました。まあ、日本の歯医者は掛かり付けのところなので、やはりそこでしっかりと治療してもらった方がいいかな。


で、治療は取れてしまった所を掃除して、一部虫歯になりかかっていたので、そこを処置してセメントを埋めました。セメントを埋めただけなので、食事のとき注意しないとまた取れてしまう事があるそうで、そうなったらまた治療を受けるという事です。まあ、六か月の辛抱ですね。
治療が終わったら、代金の説明がありました。初診なので診察料が12万Rp,虫歯の処置が6万Rp,セメントを埋める処置が6万Rpで合計24万Rpでした。日本の健康保険に加盟していれば、帰国後診察料を保険組合に請求するために診断書を作ってくれるそうですが、僕は健康保険組合を脱退しているので、それは不要でした。また、保険会社の海外保険では適応外だそうです。
この歯医者さん、施設はやはり日本に比べたら古いのですが、ちゃんと説明して、ちょっとでも痛い素振りがあると「痛いですか?」と気にかけてくれ、治療も丁寧ですので、日本人在住者、旅行者にお勧めです。


治療が終わり、家に帰ってきてバイクを見たら、バイクのエンジンの下にオイルが落ちています。以前から、少しオイル漏れがあったのですが、今日歯医者に行く前にオイル交換をしてから、オイル漏れがひどくなったようです。
きっと、オイルパンのドレンボルトが緩んでいるに違いない、と思いスパナで回してみると、思った通りボルトが回ります。やっぱりボルトが緩んでいたか・・・と、回し続けても、ボルトが止まりません!!!
ボルト、折れていました〜〜〜!!
さっそく、近所のベンケル(修理工場)に行って、症状を説明したら「う〜ん、これは修理に2時間くらいかかるね。でも、今日はもうおしまい(この時点ですでに4時を回っていました)だから、明日の朝になるよ」
がぁぁぁん!
しょうがないので、バイクを預けとぼとぼと家に歩いて帰りましたが、近所のベンケルとはいえプンゴセカンなので、歩いて帰るのはちょっと辛い。夜にご飯を食べに出なくてはいけないので、途中のレンタルバイク屋で、翌日の昼まで5万Rpというのを3万Rpに値切ってYAMAHAのMioを借りてきました。


今日は一日、いろんな物の修理に追われた日でした・・・
あ、そういえば取れてしまった奥歯の金属はどこに行ったんでしょうか?食べちゃったのかな?
多分、昨日の朝、ナシ・アヤムを食べていて、アヤムの骨だと思い、ゴミ箱に捨てたんだと思います、いやそう思いたい。