南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

受動態・・・ああ、そんな事されちゃあ!


今回は受動態について勉強します。
受動態というのは「〜に〜された」という言い方です。
例えば
 Saya digigi anjing.
 (私は犬に噛まれた)という文です。


受動態は、主語が一人称(私)、二人称(あなた)、三人称(彼)と人称によって文の構造が変わってきます。


◆主語が一人称、二人称の場合
 「主語・動詞・目的語」という形の能動体を受動態に変えると「目的語・主語・動詞(原型)」という形になります。
    (能動体)        (受動態)
 Saya membaca buku. → Buku saya baca.
  主   動   目     目  主  動


    (能動体)        (受動態)
 Anda membeli baju. → Baju anda beli.
  主  動    目    目  主  動



◆主語が三人称の場合。
「主語・動詞・目的語」という形の能動体を受動態に変えると「目的語・di+動詞原型・主語」という形になります。
    (能動体)        (受動態)
 Guru menulis surat. → Surat ditulis guru.
  主  動   目      目  動   主


受動態は結構難しく、バリ人でもたまに間違えた使い方をしています。私たち日本人が完璧に使うのは無理でしょう。ですから、無理して受動態にしなくても能動体で文を作ればいいのです。
 Ada apa?(どうしたの?)
 Saya digigi anjing.(私は犬に噛まれました)
という様に、受動態で答えなくても
 Anjing gigi saya.(犬が私を噛んだ)
と、能動体で答えてもちゃんと意味は通じます。


ただし、受動態で一つ覚えておいてほしいのは、動詞の原型(語根)の頭に「di」を付けると「〜された」という受動態の形になるのです。
「dibakar」=di+bakar(焼く)=「焼かれた」
「dijual」=di+jual(売る)=「売られた」
「dicuri」=di+curi(盗む)=「盗まれた」
これで、文を作れば受動態の文になります。ただし、主語が三人称の場合のみですが、主語が一人称、二人称の受動態はあまり作る事がなく、能動体で話せばいいので、これだけ覚えておきましょう!
 Ada apa?(どうしたの?)
 Tas saya dicuri.(私のバックが盗まれた)


 Mobil ini dijual.(この車は売られています)←ただ単に「DIJUAL」とだけ書いてあることが多いです。


 Adu!(痛い!)
Ada apa?(どうしたの?)
Kaki saya diinjak.(足踏まれた!)