南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

あいさつ

久々のなんちゃってインドネシア語口座は「あいさつ」
あいさつは、大事ですよ〜!ホテルやロスメンに泊まって、スタッフに挨拶をして、そこから恋が芽生えるなんてことも・・・


Apa kabar?:お元気ですかぁ?
Baik,terima kashi.:元気ですよ!ありがとう
Baik baik saja!:げんきですよぉ!(口語的ですね)


Selamat pagi!:おはようございます。
Selamat siang.:こんにちは。(お昼ごろ)
Selamat sore.:こんにちは(夕方)
Selamat malam.:こんばんわ
これらの挨拶は、親しい間柄ではSelamatを除いて単に「Pagi!」とか「Sore!」という事もあります。


また、「Selamat」は「願いを込めた祈り」「祝福」という意味があるので、
Selamat bekuruja.:お仕事がんばってね
Selamat datang.:ようこそ、いらっしゃいました。
Selamat Ulang Tahun.:誕生日おめでとう。
のように、使ったりもします。


さて、出会いもあれば、別れもあります。お別れの時のあいさつですが
Sampai jumpa:またねぇ〜
Sampai besok:また、明日〜
っていうのは、また会える人への挨拶です。


いよいよ、日本へ帰国するとか、別な場所に移るとか、しばらく会えないときは
Selamat jalan.:さようなら(道中気を付けてね)そこにとどまる人が、旅立つ人に言う言葉です。
Selamat tinggal.:さようなら(達者で暮らせよ)旅立つ人がとどまる人にいう言葉です。


そうそう、バリには日本の「行ってらっしゃい」「行ってきます」という言葉はありません。
出発する人は「Ke sekolah(学校に行きます)」のように、行き先を言うくらいで、見送る人は「Hati-hati ya!(気を付けてね)」というくらいです。


また、お礼もちゃんと覚えましょう!
Terima kasih:ありがとう
Terima kasih banyak.:すごくありがとう
Terima kasih kembali.:どういたしまして。
Sama-sama.:どういたしまして(口語的)


頂きます、ごちそうさまにあたる言葉はありませんので、食後は「Terima kasih!Enak sekali!」と言っておきましょう。


なお、このなんちゃってインドネシア語講座ですが、とあるMixiのコミュにも同じ内容でアップしています。お願いだから「盗作」って言わないでね。

広告を非表示にする