南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

ナシゴレン

バリで食べるインドネシア料理の代表ってなんでしょう?
いろいろありますけど、真っ先に思い浮かべるのが「ナシゴレン(Nasi Goreng)」じゃないでしょうか?
おいしいですよね。ナシゴレン。でも、ナシゴレンってインドネシア料理じゃないって知ってました?本当ですよ!じゃあ、どこの料理?はい、中華なんです。華僑の方々が持ち込んだ料理です。多分、マレーから伝わったんじゃないかな?ルーツは、そうチャーハンですよ。
もともと米文化のインドネシア、ちょっと冷めてしまったご飯を使い、簡単でおいしい、これはいいってことで広がったんじゃないでしょうか。
まあ、日本のカレーライスやラーメンみたいですね。
カレーやラーメンは日本料理じゃあないでしょ。でも、いまや日本を代表する国民食ですよね。ナシゴレンもそんなかんじです。あ、ミーゴレンもね。


さて、このナシゴレンほんと、どこにいってもあります。田舎の小さなワルンでも、サヌールヌサドゥア、クタの高級レストランでもあります、市場や道端のカキリマ(屋台)でもあります。以前、サヌールの「マッシモ」という有名なイタリアンの店に行ったとき、ちゃんとメニューに載っていました。
このように、どこにでもあるナシゴレンですので、店によって味も内容もかなり違います。
普通のワルンでは、具は豚か鳥肉少々と、野菜(キャベツとか、青菜とか)が入って、スペシャルになると目玉焼きが乗っています。えびせんが乗っていることもあります。
また、高級店ではフライドチキンが載ったり、目玉焼きじゃなくて薄焼きの玉子焼きだったり、レタスなどがついたり・・・
値段はカキリマで4,000Rpとか5,000Rp、ワルンで7,000rp〜12,000Rp、高級店では30,000Rpを超えるところも。


もちろん、味もいろいろです。
ワルンやカキリマでは、サンバルやABCのブンブ(まあ、インスタントペーストですね)を使って、ピリカラの味にしてあったり、同じワルンでも中華系はまんまチャーハンだったり、和食系では、しょうゆ味であったり、ほんとうに、ワルンやレストランごとに味がちがうのです。
さらに、おなじインドネシア系のお店でも、ジャワ系でも味が違ったり、宗教上使えない食材があったり・・・
それと、海の方にいくとナシゴレン・ラウトという、シーフードナシゴレンがあったり。


味やスタイルがいろいろあって「どれが、本当のナシゴレン?」って考えちゃいますけど「どれも本当のナシゴレン」だと思います。
もし、ナシゴレンの定義をあげるとすれば「ご飯を炒めてブンブ(調味料)で味をつけた物」としたらどうでしょうか?

で、このナシゴレン、結構すの店の味のバロメーターであったりするのですよ。
妙にしょっぱい味付けのナシゴレンを出す店は、どの料理もしょっぱかったり、甘めのナシゴレンの店は甘めの料理が多かったり・・・
おいしいお店や、好みのお店を探す目安になるんじゃないかと思います。値段の目安にもなるしね。


バリが長い人って、結構ナシゴレン食べなくなるけど、たまに食べてみてもいいかもね、って思う今日この頃です。
で、旅行者の皆様はナシゴレンのおいしい店を目印に、ワルン探しをしてみても面白いんじゃないかなと思います。
で、おいしいワルンがあったら、教えてね。

広告を非表示にする