南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

道具がなくても


円高です。1円が105Rpになります。
僕が、7月にこっちに来たときは1円が83Rpでしたから、20%以上上がっています。
1万円が1Jutaになります。どうしましょう!円の手持ちがありません・・・


さて、2週間前から行っていた井戸掘りも、完成です。昨日配管をして、夕方から使えるようになりました。
あれ?たしか、使うのは29日のお祈りの後じゃなかったっけ・・・?まあ、いいか。


ところで、工事を見ていて思ったのですが、バリは日本に比べて経済的に貧しい国です。だから、日本のように最新の機械や道具はありません。
でも、立派な井戸が掘れました。
井戸掘りは、エンジンと車の部品を流用した簡単な機械で3日かけて52m掘りました。
その後、ポンプを設置する場所やタンクを置くタワーはセメントとブロックで作ったのですが、クワとスコップとコテしか使っていません。
ポンプを設置する場所は地面の下1.5mくらいのところですが、2.5m×2.5mで深さ1.5mの穴を、スコップだけで半日で掘ってしまいました。
セメントを練るのも、地面に砂とセメントをおいて、水をかけて練っていました。
タワーを作るのに、どうしても脚立が必要になりましたが、近くにあった竹と木で、脚立を作り、作業終了後は家族が便利に使っています。
配管も、ボンドは日本製のもの(僕も前の仕事でよく使っていました)でしたが、パイプを切るのは弓ノコの刃だけでした。


日本にいると、道具も機械も立派なものがそろっていますが、そういう道具がないと、なにもできないように思えます。
でも、ここにいると、道具がなくても、部品がなくても、何かほかのもので代用し、ちゃんと仕事しています。
ものは無くても知恵がありますね。


昔の日本もそうだったんだけどね〜
便利になるっていうことは、何かを失う事なんでしょうか?