南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

その3:文法

最近、朝夕に雨が降るようになりました。ひと雨ごとに暑さが増してくるようなサヌールです。そろそろ雨季が近付いているのでしょうか?
さて、「なんちゃってインドネシア語講座」第3回は「文法」です。
もう、文法なんですよ。


インドネシア語には、難しい文法がないから、簡単だよ〜」なんて、言われましたが、結構難しいです。
一番難しいというか、なれないのは文の構成です。
日本語の文は「主語」+「目的語」+「動詞」となります。たとえば「私はナシゴレンを食べる」という文は「私」(主語)+「ナシゴレン」(目的語)+「食べる」(動詞)となります。これに対しインドネシア語は「主語」+「動詞」+「目的語」になります。英語と一緒ですね。先ほどの文章は「Saya makan nasigoreng」となります。「Saya」(主語)+「makan」(動詞)+「nasigoreng」(目的語)です。
この文の順番ですが、例のような簡単な場合はいいのですが、ちょっと複雑になると日本人は混乱してしまいます。その点、アメリカンやヨーロピアンは、文の順番が一緒ですのですんなりと入っていけるそうです。英語をマスターしてからインドネシア語を習うと、結構楽だといいます。
ところが、この文の順番ですが、実際使う場合ちょっと間違えても通じますよ。「Saya nashigoreng makan」でも、わかってくれます。日本語でも「私、食べたい、ナシゴレン」って、意味が通じるでしょ?まあ、何年もバリに住んでいて、こんな言葉をはなしたら「あほちゃう?」って思われますけど、旅行で来ている分にはまったくかまわないですよ。だから、文章の組み立てはあまり気にせず、どんどんしゃべりましょう!


<Be動詞?>
英語で言うところのBe動詞。インドネシア語にはないのかな?
「私は男です」日本語では「は」がBe動詞ですね。英語では「I am a man」で「am」がBe動詞です。インドネシア語では「Saya laki-laki」うむ、Be動詞はないですね。ところが、このインドネシア語本当は「saya adalah laki-laki」なのです。この「adalah」がBe動詞なのですが、通常使いません。そのため、インドネシア語にはBe動詞は無いと、言われています。


<疑問形>
「これは、本ですか?」日本語の疑問形は文末に「か?」が付きますね。英語では「Is thia a book?」Be動詞を頭に持ってきますね。
「あなたは、ナシゴレンを食べますか?」動詞の疑問形も日本語は文末に「か?」を付けます。英語では「Do you eat nasigoreng?」と、Doが付きます。
インドネシア語は、どうでしょうか?「Ini buku?」「Anda makan nasigoreng?」文型は変わらず、文末に?をつけるだけです。ところが、これも実は省略されています。本当は「Apakah ini buku?」「Apakah anda makan nasigoreng?」とApakahという疑問詞が省略されています。
Be動詞といい、Apakahといい、省略されている言葉が結構あるのです。
でも、通じるから、いいじゃ〜ん!って感じですね。


<疑問詞>
疑問分を作る時に文頭につける疑問詞、これを覚えておくと結構会話になります。
疑問形は「疑問詞」+「文章」で結構なんとかなります。
Kapan:いつ?  Kenapa:なぜ? Kemana:どこへ?  Darimana?:どこから  Siapa:だれ? Apa:なに? Berapa:いくつ(いくら)ってこんなところですね。
実際に文章を作ってみましょう。
Kapan anda akan pukang ke Jepang?:あなたは、いつ日本に帰るのですか?
これも、"Anda akan pulang ke Jepang.Kapan?"のように、普通の文章の次に疑問詞を付けても通じます。で、なんかこっちの方がかっこよく聞こえます。ポイントとして、イントネーションを尻上がりにすると、すごくかっこいいです。
蛇足ですが、バリの人は、どこかに行こうとすると必ず「Kemana?」って聞いてきます。また帰ってきたときには「Darimana?」って聞いてきます。まあ、挨拶のようなものですから、真面目に「え〜と、パサールに行って、お昼食べて、・・・」なんて答えなくていいです。「いってらっしゃ〜い」「おかえり〜」って言われていると思ってください。


それと、Berapa、よく使いますね。物を買う時に「これいくら?」"Berapa ini?"、マッサージなどするとき「どれくらい時間がかかるの?」"Berapa lama makan waktu?"、相手の年を聞くときは"Berapa umur anda?”などなど・・・結構使う疑問詞ですよ。
まあ、一番使う時は物の値段を聞く場合です。この時は、買いたいものを指さして"Berapa?"って聞けば、理解してくれます。


え〜、単語のスペルが間違っていることがありますが、突っ込まないでください・・・