南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

発音2

なんちゃってインドネシア語講座の第2回目は、前回に引き続き「発音」です。
日本語にない発音が多いので、難しく、発音は文字で表せないので大変です。ネイティブとの会話の中で正しい発音に慣れていくしかないですね。

さて、今回は前回も説明した子音の発音の続きです。
前回の説明でもれていたことの説明をします。

「h」で終わる単語の発音。
「sudah」よく使いますね。「すでに〜した」という表現です。「Sudah makan?」(もう、ご飯食べた?)なんて感じで使います。
この「sudah」ですが、発音はよく「すだぁ〜」って言います。間違いではありません。これでも十分通じます。
でも、正確には末尾の「h」の発音は「〜」って伸ばすのではなく、喉の奥で「H」を出すのです。文章で説明するのは難しいのですが、ドイツ語を習った事がある人なら、わかると思います。たぶん、昔インドネシアを植民地化していたオランダの影響かな?って思います。
「sudah」は「h」の前の文字が「a」ですので、「ハ」を喉の奥で発声する感じです。これが「masih」(まだ〜している)になると「h」の前の文字が「i」なので「ヒ」を喉の奥で発声する感じです。
「h」はしっかり発音しないようです。「hujan」(雨)は「ふじゃん」ではなく、「うじゃん」ですし、「tahu」(知る)は「たふ」ではなく「たう」となります。


次は「n」で終わる単語です。
日本では「n」は「ん」と発音するので、ついつい「ん」と言ってしまいます。ところが、これは子音なので、発声しません。舌の先を上の前歯の裏にあてて、声を飲み込みます。「makan」は「まかん」ではなく「まか(ん)」なのです。最後の(ん)は発声しないので「まかっ」に聞こえます。
最後が「ng」で終わる単語は「ん(ぐっ)」と「g」を喉の奥で発生するのでその前の「n」が「ん」と聞こえます。そのため、日本語の「山田さん」をインドネシア人が書くと「Yamada-sang」と最後に「g」を書いてしまいます。「ん」は「ng」と聞こえるのです。これは、英語でも同じです。「香港(ほんこん)」は英語表記だと「Hong kong」と「ng」が付くでしょ。
「n」に似ている発音に「m」があります。「m」は口を閉じて喉の奥で「む」と発声します。「n」は口を開いて、「m」は口を閉じて発生するので、よ〜く聞いているとわかりますが、早口で言われるとさっぱり、わかりません。これも慣れでしょうかね?


他にも「ti」は「ち」ではなく「てぃ」ですし、「ca,ci,cu,ce,co」は「ちゃ、ちぃ、ちゅ、ちぇ、ちょ」になります。「sa,si,su,se,so」も「しゃ、し、しゅ、しぇ、しょ」に聞こえます。バリの人は「さ行」「た行」の発音が日本風になりません。「いらっしゃいませ」が「いらっちゃいまちぇ」となり、「そうですね」が「ちょうですね」となります。はっ、具志堅用高さんみたいだ(ちょっちゅね〜)。


ところで、これまで説明した発音は僕のインドネシア語の先生の発音です。先生はジャワ人で大学で語学を勉強されており、正しいインドネシア語を教えようとしてくれています。しかし、バリ人のインドネシア語は正しいインドネシア語ではありません。バリのなまりが入っていますので、今回の説明と違った発声をすることがありますのでご了承ください。特に「h」の発音は、僕のヒアリング能力のせいもありますが、説明したような発音ではありません。。喉の奥の「ひぃ」という音は聞こえません。
では、バリなまりの発音とは・・・早口で口の中でもごもご言っていて、よくわからない!という事です。

広告を非表示にする