南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

ゴミ拾い

日本では首相が退陣したり、アメリカでは証券会社が破たんしたりして、円が上がったり下がったりしています。
だれが、首相になっても、どんな会社が破たんしてもいいから、円だけは下がらないでください。僕の生活費が・・・

さて、話変わって今月の初めに参加したゴミ拾いについて報告します。


広島の大学がジャカルタの大学と姉妹校提携をしており、数年前から交流のためボランティア活動をしているそうです。これまでずっとジャワで活動していましたが、今年はバリ島でボランティア活動をしようと、バリの日本人会に連絡があり、サヌールの海岸でゴミ拾い大会を開催することになりまして、ひょんなことから参加しました。


ご承知のとおり、バリのビーチって結構汚いのです。ヌサドゥアなどのビーチやサヌールの大きなホテルのビーチは、各ホテルのスタッフが毎日掃除をしているので奇麗ですが、一般の海岸は結構汚いのです。
それは、まず海藻類が海岸に打ち寄せられています。そして、毎日海にお祈りをするのでチャナンという小さなお供え物やお線香が落ちています。さらに、バリの人ってゴミをポイ捨てします。昔のバリの生活はすべて自然の物を使っていました。だからゴミを捨てても、すべて自然に帰ったのです。その習慣がいまだに残っているということらしいのです。

今回のゴミ拾いの目的は、まず子供たちにゴミ拾いとゴミの分別を体験してもらう、そしてゴミ拾いをバリ人に見てもらい、海岸清掃の必要性に気が付いてもらう、という事だそうです。
今回はサヌールのビーチの一部でゴミ拾いをしました。サヌールのビーチはホテルが管理している所もあるし、パンジャールが管理している所もあるので、事前にパンジャールやホテルに話を通しておいた区間のみということになりました。
集合場所は、パンタイ・マタハリと呼ばれているところ。パンタイ・サヌールダイキンドーナッツの交差点からまっすぐ海に行ったところ)からちょっと北に行った海岸です。集合した人は、ボランティアの大学生を含めて50人くらい。。そのうち1/4は子供でした。
パンタイ・マタハリは岩場なので、パンタイ・サヌールから、パンタイ・シンドゥの手前までの区間でゴミ拾いを行い、ゴミを集合場所に集めて、分別処理をするという手筈で行いました。


さて、拾うゴミですが、チャナンやお供え物関係は拾わない、海藻や流れ着いた木材など自然のものも拾わないという事で、ゴミ拾いを開始しました。みんなで拾い始めると、バリ人は「何事か?」と、遠くから見ていますが「手伝いましょう」と言った人はいませんでした。「今、日本の大学生と日本人会がパンタイのゴミを拾っていますよ〜、皆さん、パンタイを奇麗にしましょ〜」なんてアナウンスは一切していませんから、「彼らは、何をしているんだ?」「ゴミを拾ってどこかに売るのか?」なんて考えていたんでしょうかね。

1時間くらいゴミ拾いをして、駐車場に集めたら大きなゴミ袋10袋位になりました。それを、子供たちが主体になって分別していきます。
一番多かったゴミは「トウモロコシの芯」これって、腐るんじゃない?って思いましたが、あまりに多いので回収しました。次は「ブンクス用の紙」ルンピア(揚げ春巻きみたいなやつ)の包み紙です。そこらじゅうに落ちていました。あとは、お菓子が入っていたビニール袋やたばこの空き箱、サンダルなどです。
ただし、空き缶、空きビン、ペットボトル、プラスティックのコップなどは一切ありませんでした。だって、それらは集めて売れるから、おじさんが集めて回っているのです。

海藻や木材などが海岸にうちあがるのは自然の営みなので、あるのが当然と思います。ペットボトルや缶類は売れるので一切落ちていません。チャナンなどは、はるか昔から行われてきた事で、すべて自然に帰るものですから、あってもいいと思います。
に回収しなくてはいけないゴミは、トウモロコシの芯とルンピアの袋、たばこ、です。こういうゴミをちゃんとゴミ箱に捨てるという事が一般化するのは、ここに住む人たちが考え行っていくことだと思います。だから、僕たちはせめてゴミを捨てないようにしていこうと思います。

ところで、聞いた話ですが、クタのビーチでは、ビーチボーイが毎朝海岸掃除をしているそうです。ビーチは彼らの仕事場ですし、汚いビーチでお客さんが減っては困るので毎朝みんなで掃除しているそうです。でも、ツーリストが結構ゴミを捨てていると彼らは怒っているそうです。たしかに、バリ人はゴミをポイ捨てします。しかし、朝夕にはそれを掃除しています。彼らは後で掃除をするからポイ捨てしているのです。でも、彼らのポイ捨てを見て「バリはポイ捨て文化だから」と、自分たちもゴミをポイ捨てするツーリストはちょって違うと思います。僕たちツーリストはローカルが住む土地に来させてもらっているんだから・・・

広告を非表示にする