南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

スーパーマーケット


毎朝、海岸を散歩していますが、少しずつ海から吹く風に湿気が増え、空の雲も増えていっているような気がします。着実に季節は雨期に向かっているのですね。


さて、日ごろの生活の中で、よく行く場所、それはスーパーマーケットです。サヌール近辺には有名なスーパーがありますので、何店か紹介したいと思います。


1)サヌール地区
サヌールのスーパーマーケットといえば、「ハルディス」です。本当は「ハーディーズ」なんですが、こちらの読み方だと「ハルディス」になります。ハルディースはバリ内に何店舗かあるチェーン店で、サヌールでは唯一の大型スーパーです。
ただし、サヌールの店舗の品ぞろえはちょっと微妙。というのは、サヌールは観光地、別荘地なんでお客さんの大半が観光客や別荘の方なのです。そのため、お菓子やつまみ、お酒などの品ぞろえはいいんですが、日用品がちょっと弱いのです。また、お値段も少々高めの物が多い。地元の人は、デンパサールに買いに行くそうです。じゃあ、別荘の奥さまは、どこに行くの?「やぁ〜ねぇ〜、そんなのお手伝いさんがデンパサールにいくのよ〜」あ、そうですか・・・
ちなみに、サヌールの「パラダイスプラザホテル」と「パラダイスプラザスイート」の無料シャトルバスは、このハルディスにも立ち寄ります。だから、観光客が多いのです。2階、3階はお土産物屋さんだし


2)デンパサール地区
デンパサールのスーパーといえば、マタハリデパートとティアラデワタ、ロビンソンです。
マタハリは、スーパーというよりデパートという感じで、おしゃれ系の品ぞろえが多いです。服とか、高級食器とか。1階は婦人用の化粧品やカバン、靴が並び日本のデパートと変わりません。高島屋三越という感じですね。でも、マタハリ地下にある本屋さんは本の数も多く、辞書などの品ぞろえもいいですよ。
ティアラデワタは、ぐっと庶民的なデパートです。日本で言うとジャスコ?やはり衣料品が多いのですが、ワゴンセールをよくやっています。値段も安いのですが、バリ人中心ですのでサイズ的に僕にはきつい。また、食料品売り場もあります。なお、このティアラデワタのフードコートは大変広く、種類も豊富で、フードコートの横にはプールもあり、日によってはプールで遊ぶ若者を見ながら食事ができます(?)
ロビンソンは、マタハリとティアラの中間ぐらいですね。マタハリのすぐ隣ですのでマタハリに対抗してか、よくワゴンセールをやっていて、その放送が聞こえます。とりあえず、マタハリ、ティアラ、ロビンソンを見てまわって品定めをしましょう。


3)クタ地区
クタのスーパーといえば、カルフール!そう、フランス系のスーパーマーケットです。ここのすごいところは、その品揃え!バリのスーパーって、あまり品ぞろえがないのです。選択肢が少ないのです。特に電化製品。しかし、カルフールは、品ぞろえがすごい!テレビなんて、液晶45インチまであるのです(だれが、買うんだ?)さらに、カルフールオリジナルもありますよ。オリジナル製品はお安い(でも、ちゃっちい)。服も食料品も生活雑貨もそろいます。へたなお土産物屋さんに行くより楽しい。お客さんも地元の人から、観光客までたくさん来ています。また、面白いのはレジ。正札が取れてしまったり、値段がわからない品物があると、レジの店員が旗を振ります。すると、ブレードを付けた店員がやってきて、売り場に行って値段を調べてくるのです。けっこう、面白い。それと、フードコートも充実しています。ああ、カルフールがもっと近くにあればいいのに。
そして、日本人に有名なのがパパイヤ。ここは日本食材のスーパーです。日本で売っているものが入手できますので、駐在の方や日本食レストランの方が買いに来ます。最近はなぜか地元の方もよく来るそうです。リトルトーキョーのように、日本人コミュニティを作っています。ただし、高い!まあ、日本からの輸送料金を考えたらしょうがないのですが、ミネラル麦茶20パック入りが45,000Rpするなら、20パック1,000Rpの現地生産紅茶をハルディスで買いますがな。


4)バイパス沿い
バイパス沿いのスーパーといえば、マクロ!クタからサヌールに来る途中にあります。
ここは、一般販売もする業務用スーパーという感じです。地元のワルンのおばちゃんが、ここで商品を仕入れて、地元で売っているそうです。値段は安いです。ただし、箱売りが多いです。お菓子は、ほとんどが箱売りか、パック売り。ジュースも2本1パックとかです。文房具もそろっていますが、ノートは5冊1パック、ボールペンは箱単位です。(バラ売りもありますけど・・・)
後、電化製品やいす、机、家具もそろっています。
食料品もあります。ただし、お肉は1パックが大きい。やはり、レストランとかの業務向けです。普通、スーパーは籠があるんですが、ここはカートです。それもすごくでかい!
たくさん買う場合は、結構お得感がありますが、ひとり分買うのにわざわざマクロまで行くのもねぇ、って感じですね。
そうそう、マクロには会員カードがあって、これがあるとちょっと割引をしてくれるみたいです。
昨日、マクロに行ったらパイナップル(ちょっと小ぶり)が3個4,700RP(60円!)でした。


蛇足ですが、スーパーマーケットはこちらでは「スッパル マルケッタ」になります。
Rの発音がねぇ