南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

レストラン

ブログでバリ島の生活を書いていると、メールやコメントで「今度バリに行くので、おいしいレストランを教えてください」という質問を受けます。なかなかコメントを返せなかったので、今回レストラン紹介をしようと思います。
実は、おいしいレストランというのが、なかなか難しいのです。というのは、その情報を求めている人が、どんなレベルのレストランに行きたいのかによって、かなり変わってくるのです。一度、バリに来られた方ならわかると思いますが、バリは世界的な観光地です。また同時にインドネシアという発展途上国の一地区です。そのため、バリには観光に来た外国人(タムといいます)向けのレストランと、現地の方(ローカルといいます)向けのレストランがあります。タム向けのレストランは、多くの国の方に対応できるよう、いろいろな国の料理があります。フレンチ、チャイナ、イタリアンそして日本。もちろん、これらのレストランは清潔で、味もできる限りタムの口に合うようになっております。しかし、お値段はそこそこ高いのです。一方ローカル向けのレストラン(たいがいは、ワルンや屋台)は、お世辞にもきれいとは言えないお店であり、また味もローカル向けです。
このように、タム、ローカル向けのレストランがあるので、どちらを紹介していいのか?というのが付いて回る問題です。
旅慣れていて、ローカル向けの食べ物が食べたいという方に、タム向けのレストランを紹介したら「高い、つまらない、まずい」と思われますし、海外旅行が初めての方にローカル向けのワルンを紹介したら「汚い、辛い、食べられない」となります。
また、食べなれないローカルの食事を食べて体調を崩される方もたくさんいます。(衛生面で体調を崩すというより、食べなれない香辛料が効いた食事をとるのが原因と思います)
以上の事をふまえて、以下のレストラン紹介を読んでください。
今回は、
(1)外国人向けのレストラン
(2)ローカル向けのワルン、屋台
(3)その中間
の3つに分けて紹介します。また、値段はRp(現地通貨のルピア)で表示してありますが1円=80Rpで考えてください。


(1)外国人向けのレストラン
サヌールのメインストリートJL.ダナウ・タンブリカン沿いにたくさんあるのが、外国人向けレストランです。清潔でサービスもよく、種類も豊富です。英語が通じますし、場所によっては日本語も通じます。そりゃあ、本国の料理にはかないませんが、各国の料理を食べることができます。ただし、お値段も高いので、はっきりいって僕は行った事がありません。ですので、今回の紹介はガイドブックなどの受け売りです。
ロータスポンドレストラン(インドネシア料理):パサールサヌールサヌール市場)の近くのレストラン。インドネシア料理をはじめいろいろ楽しめるらしい。行ったっことがないので、よくわかりません。
・漁師(日本料理):バリで日本料理?ばかにしちゃあ、いけません。しっかりとした日本料理がいただけます。特にマグロ!バリ近海で取れる、マグロですよ、近海ものが頂けるのです。ボリュームもあり、おいしいのです。以前、鉄火丼とシーフードサラダを頂きました。満足しました。(かつ丼とかあるけど、味は知らない)
・ラ・バラッカ(イタリア料理):よく外人さんが入っているイタリアンレストランです。混んでいるのでおいしいとは思いますが、行った事がありません。
・テラガナガ(中華):ハイアットホテルの目の前にある、いかにも高そうな中華料理。ハイアットの直営店だそうです。行った事ありません。
他にも、インド料理やタイ料理などがありますが、「るるぶ」や「じゃらん」などに沢山のっています。

(2)ローカルワルン・屋台
ローカル向けのワルン(大衆食堂)や屋台です。はっきりいって衛生面は悪いです。特に屋台は「お皿なんで洗ってるの?」という恐ろしい問題があります。英語はあまり通じません。日本語なんて絶対無理です。簡単なインドネシア語が必要です(これ欲しい、おかわり、いくら?ありがとう 位は言えるようになってから行ってください)。また、場所によってはスプーンやフォークが出てきません。右手で食べる練習をしてください。味はローカル向けです。辛い物もありますが、サンバルという辛いソースを避ければ大丈夫です。時々香辛料が合わずにお腹を壊す方がいますので、ここで紹介するワルン・屋台の食べ物は自己責任で食べてください。
・パサール・サヌールサヌール市場):昼間は市場ですが夜5時過ぎから駐車場に屋台が並びセンゴール(夜市)になります。いろいろな、屋台が並びます。
 ブブル おかゆです。おかゆにいろんな物が入り、卵まではいります。「ぱけ・さんばる?」って聞いてきますので辛いのが苦手な方は「ティダ」と言って断りましょう。6,000Rpくらいかな。
 チャンプル ご飯におかずが並んだ定食です。ほとんどの店が、店先におかずが並んでいて、好きなものをチョイスできます。中にはお店の方が勝手におかずをチョイスするところもあります。サンバルがお皿のすみに付いていますので、注意しましょう。10,000Rpくらいかな。
 マドゥーラ マドゥーラ地方の料理でカンビン(ヤギ肉)のサテ(串焼き)とグレ(肉と内臓のスープ)とナシ(白いご飯)がセットになっています。香辛料が効いていますが、そんなに辛くないです。18,000Rpくらいかな。
 ナシゴレン、ミーゴレン 説明不要でしょう。焼き飯と焼きそばです。結構いろんな所で出てきます。
サヌール市場はローカルの方が大半ですが、中には僕みたいなモノ好きな外国人もいます。また、市場の中ほどにあるワルン(名前忘れた)は結構有名(ガイドブックに載っている?)なようで、よく外国人がいます。日本語メニューもありますし、味付けも外国人向けです。盛りも結構よくて、パサールデビューには最適でしょう。一人25,000Rp〜30,000Rpぐらいです。
・ハーディスの横の広場
ハーディス(バリ風に言うとハルディスという、大きなスーパーマーケット)の横の空き地にワルンや屋台が何件かあります。
ナシゴレン、ミーゴレン、ナシチャンプル、アヤムゴレンなど定番な物が食べられます。入口にはサテ・アヤムの屋台があります。10,000Rpくらいで食べられます。
また、このワルンの中にラワール(豚肉と香辛料を細かく切り混ぜたもの)を出す店があります。7,000Rpで結構食べがいがありますが、朝しか営業していません。ラワールは生肉を使っているので食べ過ぎるとサナダムシやギョウチュウなど虫が沸くことがあります。
・バイパス沿い
マクドナルドサヌール店から、バイパス沿いにちょっと南下したところにあるワルン群です。
お魚系の食べ物(イカン・ゴレンやチュミ・ゴレン、ウドゥン・ゴレン)などが多いです。


(3)中間のお店
ローカル向けのワルンでも、外国人に対応したお店もあります。料理はほとんどがインドネシア料理ですが、お店はまあきれいで、英語もほぼ通じます。現地の料理を食べてみたいけど、屋台などはまだ無理って方にお勧めです。ガイドブックにも紹介されているお店もあります。
・ママ プトゥ:JL.ダナウ・タンブリカンをずっと南下し、石像がある十字路もまっすぐ進み、三叉路を左に行った所にあるワルンです。たぶんサヌールビーチホテルやメルキュール(両方とも結構高級なホテル)などのお客さんも来るらしく、外国人も安心して食事できます。味も結構おいしく、量も多いです。25,000Rp〜35,000Rpくらいです。
・バビグリン サヌール バイパスのマクドナルド向えにある、バビグリン専門のお店です。バビグリンとは子豚の丸焼き料理で、ウブドのイブ・オカがすごく有名です。このお店のバビグリンは、ご飯とおかず(お肉と内臓を揚げたもの、野菜)が別のお皿に盛られてきます。それにスープがついて20,000Rpでした。結構あっさり目です。
・パダン料理 JL.ダナウ・タンブリカンを南下し、石像のある十字路を右に曲がったJL.ダナウ・ポソ沿いに数件あるパダン料理のお店です。お店の正面のショーケースにおかずが並んでいるのですぐわかります。パダン料理とはミナン(Minang)地方の料理で、たくさん並んでいるおかずの中から、好きなものを選んで食べます。ただし、すごく辛いです。バリの人も「パダンは辛い!」というくらい、辛いです。パダン料理店はたいてい夜遅くまで開いていますので、夜中にお腹がすいたとき助かります。


まあ、こんな感じですが、バリのHISで配っている「バリ・フリーク」という情報誌(フリーペーパー)にお店の場所が載った詳しい地図がありますので、バリに来た時はぜひ入手してください。日本のHISにも置いてあるのですが、なぜか配布はしていません。バリでは空港や、DFS、日本料理店などに置いてあります。
また、お店のメニューや看板に「HALAL」と書かれている店があります。これは、「お祈りをして神様の許しを得たもの」の事で、イスラム教の方はちゃんとHALALされた物でなくては食べてはいけないそうです。バリは90%がバリ・ヒンドゥーですが、島内にもまた、観光でもイスラム教の方が来られるので、ちゃんと対応したお店もあります。


値段についてですが、近年の世界的な原油及び小麦などの値上がりによりバリでも諸物価が上昇しています。ここに挙げた料理の値段も上がっていく可能性大ですので、御留意ください。
また、私たちはタムゥですので、現地の方より幾分かは高い料金を取られます。そのことについて、怒らないで、払ってあげてください。まあ、数千Rpくらいですから(日本円にしたら数十円です)

広告を非表示にする