南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

ソシアルビザをとってきました

シンガポールに行ってきました!
遊びに?いや、違います!ビザを取りに行ったのです。


7月にバリに到着した時、僕は観光ビザで入国しました。この観光ビザはインドネシア入国時に取得でき、滞在期間が7日以内なら$10、30日以内なら$25のお金さえ払えば、難しい申請なしにもらえます。しかし、この観光ビザは最大30日までしかインドネシア国内にいられません。まあ、30日ごとに国外に出て、またお金を払えばいいんですが、シンガポールまで船で45分のビンタン島ならいざ知らず、飛行機で2時間半かかるバリでは、そんなことできません。(いや、観光ビザだけで滞在しているお金持ちもいますけど)
そこで、ソシアルビザを取得します。このビザは60日間インドネシア国内に滞在でき、また国外に出国せずに30日の延長が4回できます。つまり、180日間インドネシア国内にいることができます。180日を経過したら、また国外に出て再取得しなくてはいけないのですがね。
もちろん、このソシアルビザでは、お仕事はできません。


さて、このソシアルビザですが実は日本でも取得はできるのです。実際、僕と同じコスにいる日本人の女の子は、今年の2月に日本でソシアルビザを取って、バリに来たそうです。が、以前の日記を見てもらえればわかりますが、今年の4月から日本国内でソシアルビザを取得するのが大変難しくなりました。そのため、僕はとりあえず観光ビザで入国し、30日が経過する前にシンガポールに出国し(インドネシア国外に出ればいいので、日本に戻る必要はないのです)ソシアルビザを取得することになったのです。


取得の手続きですが、シンガポールに行って、そこのインドネシア大使館に申請するのですが、そんなこと一人でできる訳がありません。手続きの難しいし、第一言葉ができません。そこで登場するのがエージェントです。エージェントというと悪いイメージがあると思いますが、ま代理人ですね。こういう手続きのプロです。彼にパスポートと必要書類、申請費用と代行手数料を渡して待っているとビザを取得してくれるというわけです。
取得に必要な時間ですが、朝9時にエージェントに必要書類を渡せば、その日の3時頃にはビザが取れるのです。と、いうことは日帰りで・・・と、思ったら甘いです。バリからシンガポールに行く飛行機はそんなに早くに到着しません。そのため、前日の夜にシンガポール入りして、翌日の朝にエージェントに会い、その日の夜にバリに帰る一泊二日の旅でございます。
ただし、今回どうしても飛行機の席が取れなかったので、7月29日の夕方出発し、31日に帰ってくる2泊3日の旅となりました。
まあ、おかげでシンガポール旅行を楽しめましたけど。


さて、今回の旅ですが、まず29日の15時45分にガルーダインドネシア航空の飛行機でデンパサールを出発しました。2時間30分の空の旅を楽しみ、18時15分にシンガポール到着です。バリとシンガポールは時差がないので楽です。シンガポールの印象は、まず暑い!バリよりぜんぜん暑いです。そして都会!高層ビルが沢山ある、人が沢山いる、人種もたくさん。(シンガポールの歴史を見てもらえばわかりますが、シンガポールには、欧米系、マレー系、中華系、インド系の種族が入り混じっているのです)。
SIKIから紹介されたホテルに入り、翌日の朝、エージェントと面会し書類を渡しました。30日はインドネシアの休日のためビザが下りるのは31日の4時、それまでフリーですと、いわれシンガポール観光の始まりです。
有名なマーライオンの像をみたり(結構がっかり系の名所です)、ナイトサファリに行ったり、31日は朝からリゾートアイランド・セントーナ島に行っちゃったりしました。セントーナ島は結構いいところです。そして、もちろんシンガポールと言えば中華料理!食べ歩きたかったのですが、胃袋は一つしかありませんので・・・やはり、中華は大人数で食べ歩きたいですね。


そんなこんなで、エージェントと約束した4時になり、無事ビザが下りました。
あ〜、ソシアルビザってどんなかな〜!と思いましたが、パスポートの一面にステッカーのような書類が貼ってあるだけです。観光ビザもステッカーみたいな書類ですので、あまり変わりはありません。ただし、有効期限が60日間となっていました。
そのビザをもってシンガポールからバリに戻ってきました。入国審査はいつもは観光ビザ用の窓口に並ぶのですが、今回はその他の窓口に。僕以外にも結構日本人がいました。ソシアル以外にも、ワーキングとかリタイアメントなどのビザの方もいるようです。
初めて、観光ビザ以外のビザで入国するので、ちょっと緊張しましたが、別に問題もなく入国。また2泊3日の旅でしたので荷物も手荷物だけでしたので、通関もあっという間に通り抜け、エアポートタクシーでサヌールのコスに帰ってきました。


ところで、なんで出国先がシンガポールなんでしょう?やはり、インドネシアから一番近い外国なんでしょうねぇ。しかし、インドネシアは島国なんで、どうしても飛行機や船で出国しなくてはいけません。これが、タイですと陸路でカンボジアに出国して、ビザを取り直すことができるそうで、しかもタイは観光ビザが無料で最長90日まで滞在できるそうです。うらやましいですね。
また、最近はタイでインドネシアのビザを取る人もいるそうです。タイの方がいろいろ遊ぶところが多いからということらしいのですが、タイではエージェントがいない(もしくは、つてがない)のでSIKIの生徒でタイに行く人はいないそうです。


さて、次回の出国は180日後です。もちろんその前に就職が決まれば、とっととワーキングビザを取得しますがね。