南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

王様のお葬式(2)牛さんが通る


11時から始まった、ガベンの行進も、2時になっても動こうとしません。いったい、いつになったら始まるのか?ひょっとしたら、今日は中止か?それは、ありえない!


時計が2時を回ったころ、はるかかなたに見えていた、旗がゆっくりこちらに動いてきます。いよいよ、行進の始まりです。
なんか、お偉いさんのような方も歩いてきました。大統領?なわけないよね。
チョコルダ様の遺影を持った方が先頭に、行列が近づいてきます。
いままで、見たことがないような衣装を着た人たち、そして輿に乗せられた王女様と王子様。(この二人、すでに何日も前からいろんな行事に参加させられていたようで、すでにぐったりしています)
ガムランを奏でる音楽隊・・・・
ところで、その行列の中で写真を撮る人や、外国人ツーリストが平然と歩いているんですが、いいんでしょうか?


そして、いよいよ行列の本体が来ました。
今回はチョコルダ家の遺体が2体なので、牛の張りぼてもパデという塔も2個ずつあります。まず、牛の張りぼてが来ましたが、でかい・・・はんぱなく、でかいです。写真を見てください。まわりの人と対比したら、大きさがわかると思います。
そのでかい牛さんをたくさんの人が担いでいます。今回のパレードのために、地元ウブドから数千人の人が参加していると聞きました。
それと、牛さんの上にはチョコルダ家の方が乗っているのですが、顔が緊張しています。だって、手綱はあるけど、一歩間違えば落ちます。落ちたらきっと大けがです。しかも、上下左右に揺られています。必死です。


交通整理の係が、道路の両側に立っている人をどかし始めました。歩道の上にいる人も、どかしています。
そう、パデが来たのです。これに、遺体が入っているのです。また、これがでかい、そして高い!パデの中間に人が載っているのですが、僕たちがいるところくらいの高さがあります。2階建てのビルの屋上ですから、地上から6〜7mはあると思います。このパデも人が担いでいるので、揺れます。パデには翼のような飾りがあり、幅もJL.ラヤウブドいっぱいいっぱいです。周りの街路樹の枝は切られています。でも、一部枝に引っかかりながら通っています。


いや〜、でかかったねぇ。って思っていたら、もう一体パデがあります。たぶんこちらのパデが先代のウブド王様のものでしょう。さっき通ったパデより二周りは大きいです。実は、行進が始まる前、JL.ラヤウブドの東側を見たら、携帯電話用通信タワーが新しくできていました、というのは間違えで、このパデなのです!通りの街路樹よりはるかに高いです。このパデの中間にも人が載っていますが、僕たちがいるところより、はるかに高いです。10mはゆうに超えています。
そして、どう考えても、パデの飾りつけは通りの幅より大きいです。何を考えて設計したのでしょうか?ぜったい、引っかかります!
あ〜、飾りが街路樹に引っかかっています。強引に抜けました。カフェモカの看板に引っかかっています、看板が〜、看板が〜!!!
強引に通りました。


なんか、めちゃくちゃすごいです!そして、担いでいる人たちは、みんな誇らしげです。知り合いを見つけると「ど〜だ!」という感じで笑っています!きっとチョコルダ様のパデを担いだというのは、誇りになるのでしょう。感動しました!かっこいいです!


いや〜、すごかったねぇ〜!
っと、思ったのですが、このあと僕たちに襲う恐ろしいことは、まだこの時点ではわかりませんでした。
この後、JL.ラヤウブドで何がおこったのか?????無事に家にかえれたのか???


それは、次回のお楽しみ・・・(ひっぱるねぇ〜)