南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

ごはんを食べる

アパートにはキッチンがあるのですが、コンロはありません。湯沸かしポットは買ったので、コーヒーやカップヌードルは作れますが、食事は基本的に外食です。そう、バリ島には食事ができるところがたくさんあるのです。
僕が住んでいるサヌールは観光地なので、表通り(JL.ダナン・タンブリカン)には観光客向けのレストランがたくさんあり、中華、イタリアン、フレンチ、そして日本食の店もあります。ラーメン、焼き鳥、鉄板焼きもOK!
しか〜し、こういうレストランは高〜い。一人で食べに行き、ジュースも飲むとすぐに100,000Rp(1,200円)くらいになってしまいます。お酒を飲めば、もっといくでしょう。たま〜にならいいけど、毎食こんなにお金は使えません。


そこで、食事はローカルの食堂になります。ローカル食堂というと、ワルン(Warung)でございます。ワルンは辞書だと屋台となっていますが、移動式の屋台はカキ・リマ(Kaki Lima)ですから、ワルンは大衆食堂でしょうか?大衆食堂と言っても、コーヒーを出したり、日用雑貨を売っていたり、まあ何でも屋ですね。あ、食事だけというワルンもあります。以前、ワルンとレストランとどう違うの?と、在住の方に聞いたら「レストランは代金に15%の税金が掛かるけど、ワルンは掛からない」と教えてくれました。


サヌールにはワルンがたくさんあります。ビーチにもありますが、ビーチのワルンはほとんどカフェかレストランですね。もちろん、街の中にもワルンはあります。アパートの近所にもあります。ワルンに入って食事を頼むのですが、選択肢は少ないです。メニューは数種類あるいは、1種類ですので、「今日は何を食べよう」ではなく、「今日はどこのワルンに行こう」って事になります。
ワルンで食べるのは、だいたいナシ・チャンプルという、お皿にご飯とおかずが載った定食みたいなものです。


ワルン・マドゥーラというワルンがよくあります。これはマドゥーラ風ご飯を食べさせる店で、ヤギ肉のサテ(串焼き)、グレ(内臓などを煮たスープ)、それとご飯が出てきます。ヤギ肉は、スパイスで臭みなどは一切ありません。ちょっとコリコリしていて、くせになります。


パダン料理の店もあります。パダンという地方の料理です。店の前のショーケースに、お総菜が載ったお皿が並んでいて、好きなおかずを選択して食べますが、基本的に辛いです。しかも、容赦ないです。パダンも、マドゥーラもイスラム教の地区なので基本的にこれらお店にお酒は置いていません。(おいていないはずなんですが・・・)


バビ・グリン。豚の丸焼きです。ウブドではイブ・オカというお店が超有名です。サヌールには、「バビ・グリン・サヌール」というお店がバイパス沿いにあります。イブ・オカよりあっさりしていて、内臓の揚げた物や、いろんな物(正体不明。あまり詮索しない方が良いと思う)が出てきます。スープもついて20,000Rpですから、イブ・オカより安いです。ただ、イブ・オカの方が豚肉がドスンと出てくるので、どちらが良いかはお好みでしょうか。


センゴール。夜市です。サヌールには市場(パサール)がありますが、夜になると屋台が並びます。おもちゃや服、日用品を売る屋台と、食事を出す屋台です。屋台には、ナシゴレン、ミーゴレン、イカンバカール、ミーアヤム、などなど、いろんな屋台があります。ナシ・チャンプルを売る店もありますから、全部制覇するには結構時間がかかります。
デザートも売っています。エス・チャンプルというかき氷や、フルーツ、ジュースなどなど。
そして、ロティ・バカールのお店もあります。
ロティ・バカール、ロティはパンです。バカールは焼く。これ専用(?)の長方形のパンを器用に縦に4分割し、その割れ目にたっぷりマーガリンを塗り、チョコレートなどを入れ、さらに練乳を掛け、鉄板でじっくり焼くのです。すご〜く甘そうと思いましたが、そんなにひつこい甘さではなく、結構おいしいです。子供たちは大好きです。屋台の前に子供が張り付いていました。


こんな、おいしいものを食べられて、僕は幸せです・・・まあ、痩せませんがね・・・