南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

最後の手続き


いよいよ、出発まで2日となりました。明日は朝からアパートの引き渡し&大阪までの移動ですので、各種手続きは今日がラスト。
で、市役所に行って転出届を出してきました。
転出届は海外へ転出する場合も、国内の転出届と同じ用紙です。ただし、転出先は国名を書かされました。「バリ島」いやいや、「インドネシア共和国」です。


その後、国民健康保険脱退の手続き。といっても、保険証を返して、保険料の清算をするだけですが、ここでちょっとしたトラブル。
保険料の清算は以前健康保険の質問をした時に聞いていました。また、今年度の健康保険振込用紙が6月に来たので、その時市の保険課に電話して「7月9日から海外生活するのだが、保険料はいつまではらえばいい?」と聞いていました。その時の回答は「健康保険を脱退するときに清算するが2期分振り込んでもらえれば・・・」ということでした。
そこで、1期、2期分を払い込んでおいたのですが、今日脱退手続きをしてら若干還付金があるとのこと。
しかし、還付金の支払いは1〜2週間後で、私の現住所に送るとのこと。でも、もうその住所にはいないのですが。じゃあ、払い込み用紙を持って2週間くらい後に窓口に来てくださいって、だから9日には海外に出てしまうのよ!2年間は有効ですから、また日本に帰ってきたときに、って、しばらくは帰ってこないって!!じゃあ、私の口座に振り込んでって、それはできないの?じゃあ、実家に両親がいるからって、委任状がいるの・・・
ってことで、還付金はどうやっても、私は受け取れないことになりました。つまり、静岡市にお金をだまし取られてということです。まあ、1,500円ですが。
でも、口座振り込みはできないって、酷い話ですよね。だいたい、健康保険を脱退できる人っていうのは、日本に居住しない人ぐらいだから、日本にいないのなんて当然わかっているんだよね。
こう考えると、細かい所で、いろいろ現状にそぐわない法律や規則があるのよね。普通の会社なら、こういう事態が発生したら、すぐ規則を改定するんだろうけど、自治体は何をするにも市議会を通さなくてはならないから、ある意味不便だよね。


まあ、どこの国でもお役所仕事はしょうがないやぁ、と1,500円はあきらめて、年金の手続きをしてきました。年金は任意継続といって、国外に行っても年金支払いを継続できるのですが、ここはすっぱり継続なしとしました。住居が国外になると年金の支払い義務はなくなります。とうぜん、その分受取金額も減りますが。さらに、海外に行っている期間の年金は、日本に帰ってきてからも支払う事はできなくなります。(だから、任意継続制度があるそうです)ただし、国外に行っている期間は、受給資格の支払い年数にカウントされます。まあ、僕はすでに25年以上支払いしているので、受給資格はありますけど。
でも、受給年齢になっても日本の年金制度は続いているのでしょうか?


ってことで、手続き類はすべて完了。
明日は、アパートに残った最後の荷物(布団とか)の運び出しと退去立会、そしてバイクの売却です。
そして、明日夕方には大阪に移動して、明後日9日にいよいよ関空からバリに飛び立ちます。