南国うまうま日記/バリ島ウブドの生活

南国バリ島のウブドに暮らすもんぶぅのうまうまな毎日を綴った日記です。海外生活豆知識やタイなどの旅行記もあります

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ   ←クリックよろしくお願いします

海外旅行に行くのなら

時々、暇なときYahooでウェブサーフィンなどをしています。そんな時、キーワードを「旅行記 ウブド」とか「バリ島 体験談」などとし、バリの旅行記など見ていますが、時々「バリはつまらなかった」「いやな思いをした」という書き込みがあります。
なんか、そんなのを見ていると「もうちょっと、海外の実態を調べてから、行ったら〜」って思います。

よくある、海外(バリに限らず東南アジア)を旅行していやな目にあったという話は、
1.空港やホテルで勝手に荷物を運ばれ「チップ1,000円」取られた
2.どこに行っても、物売りが来る
3.現地の人は100円くらいで食事ができるのに、観光客が行くレストランは数千円も取られる。現地の人間の月給は数千円なのに。(これは、食事に限らずエステやマッサージ、ガイドでもいえる)
4.ぼられた

あ〜、すごい勘違いっていうか、日本の自分の価値判断だけで物事を決めているんだな〜

1.チップ1,000円の訳
通貨というのは、お札が基本で、コインは補助通貨といって海外に行くと通用しないのです。よって、海外ではお札しか現地通貨に両替してくれません。米ドルは最低1ドル札があるので、1ドルから両替できます。しかし、日本の場合100円玉や500円玉は両替できないから、もらっても役に立たないものです。だから、日本人には「チップ1,000円」なのです。多分、アメリカ人相手なら荷物を運んで「チップ、プリーズ」といって、2〜3ドルもらって「サンキュー、サー」なんでしょうね。1,000円取られるのがいやなら、米ドルもっていったら?

2.どこに行っても物売りがいる
東南アジアの国には、貧しい国も多いのですよ。仕事をしたくても、仕事が無い人もいるんですよ。そんな人が、外国人がいる場所にいって商売するのが悪いことですか?彼らも必死なんですよ。物を買ってもらって、その儲けで一家を養っている人も沢山いるのですよ。きっと、必死になって英語や日本語を覚えたんでしょうね。観光地に物売りがいるのは、当たり前!それがいやなら、どっかのリゾートホテルが島ごと買い取った場所に行ってください。

3.外国人が行くレストランは高い
当たり前ですよ。外国の観光客が安心して食べられるように、食材もいいものを使ったり、従業員を教育したり、建物もきれいな観光客受けをするものにしているのです。高くなって当たり前です。たとえば、アメリカからお客さんが来たとします。安くておいしいものを食べてほしいからって、吉野家に連れて行きますか?銀座とかの名前が通ったレストランに連れて行くでしょ?月給が25万円位なのに、一人2〜3万円取られるレストランに連れて行くでしょ?それとおなじでしょ?
月給数千円の現地の人と同じ値段のものが食べたければ、現地の方が行くレストランに行けばいいんじゃないの?ちゃんと調べれば、現地の方が通う、おいしくて安いお店はあるのよ。まあ、絶対ガイドブックや旅行会社の案内には載っていませんが。(そこで食事をしておなか壊したら、絶対そこを紹介したガイドブックにクレームつけるんでししょ?)
それと、ホテルのスパには、景観料や高価なクリーム使用料も含まれているんですよ。

4.ぼられた
そうですね、よく聞く話ですよね。でもね、事前にちゃんと価格交渉した?その物の現地の相場を調べて、交渉した?
日本人というのはすごいお金持ちと思われているんですよ。何百ドルもする飛行機のチケットを買って、自分たちは絶対泊まることができないホテルに泊まっている人なんだから、すごい金持ちと思われているんですよ。そんな方が買物に来たんだから、きっと高く買ってくれるのだろうと思われているのです。あるいは、少しでも高く買ってくださいよ〜、お金あるんだから〜、と思われているんですよ。価格が表示されていないってことは、いくらで売ってもいいってことなんだから、ちゃんと事前に交渉してくださいね。
もし、それがいやなら、しっかり定価が決まっているDFSかスーパーマーケットで買物してください。

どうも、日本の皆さんは、どこに行っても日本と同じ状況と思っているようですが、海外に出れば、日本の常識や約束事が通じないのは当たり前です。日本と同じサービス、常識が受けたければ、日本から出ないでほしいですね。
それと、東南アジアは物価が日本の1/5だから、すべての物が1/5になると勘違いしているんじゃないですかね?そういうものもあるけど、そうじゃないものもあるんですよ。現地の人を見下しているんじゃないですかね?何かというと「日本に比べて月収が1/10なのに・・・」なんて言い出しますけどね、単純にそんなことで決められるものじゃないのですよ。

なんか、いろんなホームページの旅行記を見て勘違いしている人が多いなぁって感じてしまいましたよ。

海外に行って、リゾート気分を味わいたい、楽園を感じたいってなら、それなりの所でそれなりのお金を使ってください。先日飛行機の中で同席したドイツ人夫婦は「自分たちはリゾートでのんびりしに来たんだ。だから、ヌサドゥアのホテルから一歩も外に出ない」と言い切ってました。

海外の街に飛び出し、その街の文化や風習を体験したい、現地の人と一緒にその国を味わいたい、っていうんなら事前にその国のことをしっかり調べて行って下さい。経済のこと、風習のこと、食事、文化、安全性・・・今はネットでいくらでも調べられるでしょ。

何も調べず、旅行会社やマスコミの伝えるイメージだけで自分勝手な国のイメージを作り、行ってみたらそれと違うって怒るなんて、自己中心的な考え方としか言えませんね〜。